このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ザオプションの転売活用術!転売方法とメリット・デメリット

物を売る人形

 

 

 

【こんにちわ!フォワティブです。】
バイナリーオプション歴4年。
ハイローオーストラリア・theoptionの海外BO業者で取引を行っているBOトレーダーです。
自身の取引経験を基にノウハウやお悩み解決情報をご提供します!


 

 

 

満期まで相場が優位に推移しそうにない・・・

 

このままだと損失取引になって投資金額全額没収・・・


 

日々取引をしていく中でこのような状況、誰しもあるのではないでしょうか?

 

もちろん、管理人も数えきれないほどこのような状況になった事があります。

 

 

損失になることが分かっていながら、このまま満期まで時が経つのを待つしかないのか・・・

 

いえいえ、ちょっと待ってください!

 

theoptionでは転売といって取引中のポジションを途中決済し損益を確定させることが出来ます。

 

転売を利用することによって、投資金額の何%か回収して取引を終える事が出来る便利な機能です。

 

そこで今回は、theoptionで利用可能な転売機能の利用方法やメリット・デメリットを解説していきたいと思います。

 

是非最後までご覧になり知識を得て下さいね!

 

【本記事で得られる情報】

 

theoptionで転売機能が利用できる条件

 

転売機能の使い方(新・旧プラットフォーム)

 

転売機能のメリットとデメリット

 

【スポンサーリンク】

 

 

theoption(ザオプション)で転売機能を利用できる条件

便利な転売機能ですが、利用するにはいくつかの条件があります。

 

取引開始3秒後から満期1分前まで転売可能

 

30秒・1分取引では転売利用不可

 

ボラティリティ(値幅)次第では転売してもペイアウト率0%の場合有り

 

30秒・1分取引では転売機能は利用できないが、2分以上の取引から転売可能。

 

なお、GBP/CADの1銘柄のみ満期時刻3分前まで転売可能です。

 

theoption(ザオプション)転売機能の使い方

theoptionの転売方法はいたってシンプルでボタン1つで転売処理が完了します。

 

 

やばい・・・このままだと損失取引になる!

 

トレンド転換して相場が逆方向に動き始めた!


 

このような状況でも慌てる必要はありません。

 

いざとなれば1秒2秒の超高速で転売処理が完了しポジションを手放し損益を確定させることも可能です。

 

ただし!
転売ボタンを押すのと同時に相場が急激に動いてしまうと転売が完了されない場合があります。

 

その点は注意してください。

 

なお、theoptionでは2種類の取引プラットフォーム(新・旧)が利用可能でプラットフォーム毎、若干の表示の違いと操作の違いがありますので、その点を次の項目で解説していきます。

 

旧取引画面での転売

theoptionでは新プラットフォームの提供開始に伴い新旧2つのプラットフォームでの取引が可能となっています。

 

最初に旧取引画面での転売方法についてご紹介致します。

 

theoption旧プラットフォーム取引画面

 

エントリーを行うと画面下部にポジション情報が表示され、その中に転売機能が表示されます。

 

画像を拡大してみましょう。

 

旧プラットフォーム転売画面

 

ポジション情報の右側に転売情報が掲載されています。

 

相場の値動きで常に数値が変動します。

 

転売したいときは赤枠の「転売」ボタンをクリックします。

 

旧プラットフォーム転売完了画面

 

転売が正常に完了すると「転売は正常に執行されました」というアナウンスが表示されます。

 

これで転売作業は完了です。

 

新取引画面での転売

次に新取引画面での転売についてご紹介します。

 

theoption新プラットフォーム取引画面

 

新取引画面ではエントリー後、右下に転売画面が表示されます。

 

拡大して見てみましょう。

 

新プラットフォーム転売拡大画面

 

上記画像の場合「1,000円でエントリーして今転売すると829.93円で転売出来ますよ」と表示されています。

 

もし満期時刻までにエントリー方向を上回る気配や相場推移がなければ途中決済してダメージを最小限に留めましょう。

 

新プラットフォーム転売完了画面

 

実際に転売ボタンを押すと「転売は正常に執行されました」というアナウンスが表示されます。

 

特に難しい操作や時間のかかる操作ではないので誰でも簡単に一連の流れが完了できます。

 

転売機能を活用するメリットとデメリット

これまでの説明でtheoptionの転売機能の使い方と基本はご理解頂けたかと思いますので、次に転売を活用する上でのメリットとデメリットを解説していきたいと思います。

 

転売機能の利用有無は人によって考え方が違いますが、管理人は転売活用推奨派です。

 

【転売機能活用メリット

 

損失リスクを軽減することが可能

 

精神的負担を軽減することが可能

 

【転売機能活用デメリット

 

利食いをする場合、ペイアウト率が低くなる

 

不自然な転売の多用は口座凍結の恐れがある

 

転売活用のメリットは何より損失を最小限に抑えられるという点だと思います。

 

バイナリーオプションの特徴として、取引成功ならペイアウト率に応じた払い出しを受けられ、失敗なら投資金額全額没収。

 

つまり、100か0かという投資システムです。

 

この0を10でも20でも回収して取引を終えることが出来れば、資金的・精神的なダメージを軽減することができ、次の取引への影響も少なくて済みます。

 

これは大きなメリットです。

 

逆にデメリットとして、利食いをする場合、ペイアウト率が下がり満額受け取れないという点が挙げられます。

 

また、エントリーしてちょっと優位な方向に動いたら転売といった事を繰り返していると、不正を疑われ口座凍結に繋がる可能性が僅かながらあります。

 

これは、theoptionのホームページにも掲載されている内容ですが・・・

 

レートの遅延やフロントランニングを狙った行為

 

自動売買ツールの活用

 

これらの行為は多くのBO業者で固く禁止されています。

 

数秒・数十秒の転売多用はレートの遅延を狙った不正取引を疑われる可能性があります。

 

この点は転売を利用する上でのデメリットとして考えられると思いましたので紹介しましたが、余程間違ったやり方をしない限り問題ないと思いますので、必要以上に恐れる必要はありません。

 

管理人も転売機能は結構使う方でしたが、今まで不正を疑われたことは一度もありませんから。

 

何故転売機能を使った方が良いのか?

先ほど管理人は「転売活用推奨派」というのを明言しました。

 

その理由と根拠を最後に示しておきたいと思います。

 

転売機能を使う時は多くの場合、相場が思い通りに推移してくれなくて利益を得られないという「負のイメージ」を持たれるかと思いますが、転売機能を有効活用できる人がバイナリーオプションで多くの成果を上げています。

 

計算してみよう

一回の投資金額:1000円

 

投資回数:10回

 

勝率:60%

 

ペイアウト率:1.8倍

 

上記のような条件でトレードを行ったと仮定します。

 

転売機能を使わなかった場合

 

1000円の投資10回で勝率60%ですので総投資金額10000円に対しペイアウト10800円ですので800円の利益です。

 

利益額は少額ですが損益がプラスであることには変わりないのでまぁまぁといった所ですね。

 

転売機能を使った場合

 

損失トレードになった回数は4回、金額にして4000円です。

 

では、500円で転売したらどうなるでしょうか?

 

1回の損失トレードの金額を半分の500円で抑えることが出来れば4回で2000円手元に戻ってきます。

 

利益の800円と合わせれば2800円ですよね?

 

結論

 

転売機能を使うか否かで資金は大きく違ってくる。

 

利益を得られる見込みがないのであれば、転売機能を使って少しでも資金を減らさないようにする方法もバイナリーオプションでは重要な手法の一つ。

 

まとめ

【今回のおさらい】

 

転売機能は2分以上の取引から利用可能

 

満期1分前までなら転売できる

 

新・旧プラットフォーム共にボタン1つで転売処理が出来る

 

転売は資金的・精神的負担を軽減できる

 

レートの遅延を狙った取引などで転売を利用すると口座凍結の可能性がある

 

theoptionの転売機能の基本とメリット・デメリットをご紹介させて頂きました。

 

転売はFXで言うところの「ロスカット」みないなものですので、取引の敗北を認めるようであまり気が乗らないという方もいるかもしれません。

 

しかし、転売を制する者はBOを制す!です。

 

活用次第で資金の増加・減少に大きく影響します。

 

是非、今後の取引の1つの選択肢として転売機能を覚えておいて頂ければと思います。

 

以上【ザオプションの転売活用術!転売方法とメリット・デメリット】でした!


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】

【副業二刀流術の極意公開中!】