このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ストキャスティクスのエントリータイミングを1分取引でご紹介

相場を指で描いている男性

 

短期取引の強い味方の代表格でもあるストキャスティクス。
エントリーサインはシンプルで買われ過ぎ・売られ過ぎラインから発生するゴールデンクロス・デッドクロス形成時を狙ったエントリーです。
相場は常に上昇・下降を繰り返しながら推移を行います。

 

ある一定の上昇又は下降ラインに達したとき相場が反発し逆方向に動き始める事は多々あります。
その反発ポイントを狙ったエントリーの仕方と注意すべき点をご紹介致します。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ストキャスティクスのエントリールール

取引をご紹介する前に今回のトレードルールをご説明致します。
厳守するルールは2つです。

 

ゴールデンクロス又はデッドクロスが発生
ストキャスティクスの数値が80%又は20%のラインに達したとき

 

上記2つの条件が一致した時のみエントリーを行います。
エントリールールはいたってシンプルです。
どなたでも再現性は高いと思います。

 

ストキャスティクスで売られ過ぎからの上昇相場を狙ったエントリー

ストキャスティクス分析説明画面@
上記画像は今からご紹介するエントリーを行ったMT4チャートです。
管理人のストキャスティクスのパラメーター設定は「%K5、%D3、スローイング3」です。

 

チャート上はシンプルにローソク足、20日移動平均線、ストキャスティクスの3点のみです。
エントリー直前は陰線の実体が続いておりストキャスティクスが20%ラインにいます。
売られ過ぎているラインで相場の反発が始まりゴールデンクロスを形成しました。

 

このゴールデンクロスがしっかり形成されたことを確認してからエントリーを行います。

 

エントリーの結果

ストキャスティクスエントリー@

 

1分取引でエントリーを行いました。
さて、結果はどうでしょうか?

 

ストキャスティクスを利用したエントリー結果@

 

結果はご覧の通り、下落の反発ポイントをうまく捉えてエントリーしてから1分間は上昇方向に推移し満期を迎え利益を得ることが出来ました。

 

1000円の投資に対しペイアウト1900円で900円の利益を獲得。
1分で900円を稼げるって中々すごい事だと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

ストキャスティクス短期取引失敗事例

ストキャスティクス分析説明画面A
次にご紹介するのが、エントリールールを守っていないパターンでのエントリーです。
ストキャスティクスの数値は50%あたりで推移しています。
加えて完全なデッドクロスは形成されていなくクロス形成直前です。

 

トレードルールを守らずエントリーした場合どうなるのでしょうか?

 

ルールを守らなかったトレード結果

ストキャスティクスエントリーA

 

冒頭でご紹介したエントリールールを守らずエントリーを行ってしまいました。
これで利益を得ることは出来るのでしょうか?
結果を見てみましょう。

 

ストキャスティクスを利用したエントリー結果A

 

結果はご覧の通り、エントリーしてから逆方向に相場が推移してしまい、エントリー後30秒後には大きく上昇し手の打ちようがない状況になりました。
もちろん損失トレードとなり1000円を失いました。

 

エントリールールをしっかり守るか否かで取引の明暗は大きく分かれました。

 

まとめ

今回は1000円で取引しましたが、2000円なら1800円の利益・5000円なら4500円の利益を1分で稼ぐことが出来ます。
1分で数千円のお金が稼げるって非常に魅力的ですし夢が膨らみます。

 

但し、誤解なさらぬようご説明しますが、あくまで取引が成功すればの話です。
当然、エントリーサインのダマシもありますので一度に多額の金額を投資するギャンブルトレードは絶対にしないで下さい。
余剰資金で失っても構わないという気持ちでいないと損失を出した途端、一気に冷静さを失い無謀なトレードをやり始め資金を全額失うリスクもあります。

 

また、ご紹介した損失トレードからも分かるように、決めたルール外の手法で取引を行うと損失に繋がる可能性は高くなります。
仮にうまくいっても定めたルールを守らない取引は近い将来後悔する結果となって自分自身に返ってくると思います。

 

投資を行う以上リスクは常について回ります。
今回ご紹介した成功事例と失敗事例が皆様のトレードの参考になれば幸いです。

 

記事内グレー背景枠画像はHIGHLOW.COMで管理人が取引した画像を掲載しています。


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】