このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ハイローオーストラリアでの30秒取引のコツは×××を使う!?

ハンドスピナーの画像

 

当サイトでは今までハイローオーストラリアの15分取引をメインにトレード手法をご紹介し、短期取引をメインにトレードをする方々の為に1分取引についても触れてきました。
しかし、まだ触れていない取引があります。
そうです、30秒取引です。

 

30秒取引はエントリーしてから30秒後に満期を迎え損益が確定する超短期トレードです。
エントリー金額や取引回数次第では30秒で数万・数十万の利益を獲得することだって不可能ではありません。
もちろん、取引が成功すればの話ですが・・・。

 

海外バイナリーオプション業者を利用するメリットは日本国内では取り扱いされていないこうした短期トレードを行えることが最大の魅力です。
その反面、リスクを考慮したトレードを行わないと30秒で口座資金が0になる可能性もあります。

 

今回はそんな30秒取引のコツとアドバイスを皆様にご提供したいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

30秒取引のエントリールール

MT4に10秒足や30秒足が搭載されていれば良いのですが、実際問題多くのMT4に搭載されている一番短いローソク足は1分足となります。
故にローソク足を分析してエントリーするやり方は30秒取引に限ってはあまり適していません。
ではどうするのか?

 

管理人が考える方法は2つあります。

 

一瞬突き抜ける上昇・下落の反動を狙った逆張りエントリー

 

まず最初にご紹介する方法がハイローオーストラリアの取引画面で30秒取引を表示し一瞬の上昇や下落の反動を狙った逆張りエントリー
大きく相場が動いた時は相場が元に戻ろうとする力が働きます。
この理論を利用して取引を行います。

 

2つめに関しては後でゆっくりご説明します。

 

実際にトレードをしてみたら

相場の反動を狙ったエントリー

 

エントリー例としてエントリー直前大きめの下落があったことが確認できます。
このような場合、比較的すぐに相場が元に戻ろうとする力が働き持ち直すことが多いのでその反動を狙ったHIGHエントリー。
MT4を確認せず取引を行っていますのでどうなる事やらドキドキします。
では結果を見てみましょう。

 

相場の反動を狙ったエントリー結果

 

思った通り、先ほどエントリーしたポイントからググっと上昇の勢いが強まり勝利することができました。
いやはや、普段とは違うトレード方法でエントリーしていますので新鮮な気持ちと緊張感が高まってしまいます。

 

このようなエントリールールであと4回、合計5回のエントリーを行いました。
さて、どうなったでしょう?

 

5回の取引結果と管理人の感想

30秒取引を5回行った結果

 

ドル/円の通貨ペアのみで反動を狙った逆張りエントリーをした結果4勝1敗という結果でした。
勝率80%です。
皆様はこの結果をどのように捉えますか?

 

管理人の結論を申し上げます。
このやり方でトレードを続けることは精神衛生上良くありません。
そしていつも以上に疲れます。

 

何故ならMT4で分析を一切せず、ギャンブルトレードを行っているからです。
ちょっとでもエントリー方向と逆方向に推移してしまったらどうすることも出来ないので心臓がバクバクしてしまいます。
少なくとも管理人には不向きなやり方でした。
勝率が良かったのはたまたまだと思います。

 

ではギャンブルトレードではないやり方で30秒取引をする方法はないものか?
実はあります。

 

冒頭でご説明した2つの取引方法の2点目のやり方です。

 

ティックチャートで相場分析

チェックチャートの説明

 

通常のローソク足チャートに加えて何やら見慣れない折れ線グラフのようなものが画面左側にあります。
これがティックチャートです。

 

ティックチャートとは、相場の細かい値動きをラインで表示してくれます。
このチャートのメリットはローソク足で見るよりもより詳細な相場変動が把握できます。
30秒取引ではもちろん、1分取引においてもローソク足チャートと並行して分析するとより質の高いトレードが出来るのではないかと思います。

 

ローソク足は始値・終値・最高値・最安値をローソク上に分かりやすく表示してくれます。
ティックチャートはそのローソク足が形成される過程を表示してくれています。

 

同じローソク足でも乱高下の激しい推移で形成されたのか、緩やかな値動きで形成されたのかでは全く意味が違ってきます。
ティックチャートはローソク足の展開図のようなものだと認識して頂ければと思います。

 

ティックチャートの表示方法

それではティックチャートの表示方法をご説明致します。

 

ステップ@

ティックチャート表示方法1

 

MT4画面上段にある「表示」を選択し項目の中の「気配値表示」をクリック

 

ステップA

ティックチャート表示方法2

 

画面左に上記画像のような気配値が表示されます。
下段にある「ティックチャートタブ」をクリックし画面を切り替えます。

 

ステップB

ティックチャート表示方法3

 

ちゃんと上記画面のようにティックチャートは表示されましたか?
難しい操作はありませんので一度表示させてみてどのような値動きをしながらローソク足が形成されるのか眺めるだけでも良い勉強になります。

 

表示されたティックチャートを活用してどのような形でラインが描かれていくか見てみると、急に値動きの変動が激しくなったりしますのでそのタイミングを見計らってエントリーを行うと、そこそこの勝率は保てるのではないかと思います。

 

まとめ

30秒取引は即損益が確定しますので、短時間で一気に勝負をしたいというトレーダーには非常に魅力的な取引です。
しかし、メリットばかりに気が行ってしまうと大やけどをしてしまいます。

 

メリット・デメリットをしっかり理解した上で今回ご紹介したティックチャートを活用してより勝率の高いエントリーポイントを見つけて下さい。

 

やり方次第では30秒・1分取引の方が効率よく利益を出せる可能性もありますので。
皆様のご検討をお祈りしています。

 

記事内グレー背景枠画像はHIGHLOW.COMで管理人が取引した画像を掲載しています。


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】