このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

短期取引手法記事一覧

チャートのイメージ画像

FX、バイナリーオプショントレーダーが一度は使った事があるであろうボリンジャーバンド。バンドタッチ後の相場の跳ね返りポイントを狙ったエントリーに効果的です。また、ボリンジャーバンドはボラティリティ(値幅)や相場の方向性を見極めるのにも優れており順張りにも逆張りにも対応できる優秀なテクニカル指標です。この指標を用いた30秒・1分取引をご紹介致します。ボリンジャーバンドの基本とエントリールール冒頭でも...

下落を続ける相場

RSI(相対力指数)はパラメータの指定期間内の終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのか計測しようとするテクニカル指標指標でオシレーター系に属します。50%を中心として買い優勢で推移していれば50%を超え、売り優勢で推移すれば50%を下回ります。相場の方向性を見定めるのに優れた指標です。一般的にRSIの数値が70%を超えると買われ過ぎ、30%を下回ると売られ過ぎという判断をします。相場...

荒れる相場のイメージ

30秒や1分の短期取引をメインにしてトレードを行っている人はシビアなエントリーポイントの見極めをしなければなりません。なぜなら取引時間が短い分、一瞬の判断ミスが損失トレードに繋がる可能性大だからです。しかしながら、その点をクリアさえしてしまえば15分取引と比べ格段に利益獲得スピードが上がります。今回ご紹介するのは10秒ローソク足+ストキャスティクスで30秒取引です。エントリーのコツと手法をご紹介致...

相場を指で描いている男性

短期取引の強い味方の代表格でもあるストキャスティクス。エントリーサインはシンプルで買われ過ぎ・売られ過ぎラインから発生するゴールデンクロス・デッドクロス形成時を狙ったエントリーです。相場は常に上昇・下降を繰り返しながら推移を行います。ある一定の上昇又は下降ラインに達したとき相場が反発し逆方向に動き始める事は多々あります。その反発ポイントを狙ったエントリーの仕方と注意すべき点をご紹介致します。ストキ...

相場推移のイメージ画像

海外バイナリーオプション業者を利用する一番のメリットとは何でしょうか?それはおそらく30秒取引や1分取引の短期トレードが可能と言う点にあると思います。管理人がバイナリーオプションを取組始めた当初、30秒取引をメインに取り組んでいましたが思うような結果を得られることが出来ませんでした。単純に知識不足・経験不足もあったと思います。しかしながら、1分足(ローソク足)で30秒取引は結構難易度が高いという印...

ハンドスピナーの画像

当サイトでは今までハイローオーストラリアの15分取引をメインにトレード手法をご紹介し、短期取引をメインにトレードをする方々の為に1分取引についても触れてきました。しかし、まだ触れていない取引があります。そうです、30秒取引です。30秒取引はエントリーしてから30秒後に満期を迎え損益が確定する超短期トレードです。エントリー金額や取引回数次第では30秒で数万・数十万の利益を獲得することだって不可能では...

エンベロープのイメージ画像

エンベロープはトレンド系インジケーターの一つで移動平均線からどれだけ乖離しているかを表わしています。主に相場の反転を狙った逆張りエントリーに効果的です。ボリンジャーバンドと混同されてしまう事もありますが、ボリンジャーバンドのように相場推移に応じてバンドが伸縮するわけではないのでバンドウォークによるダマシを回避することにも期待ができます。今回はエンベロープを使ったエントリー方法を実際の取引画像を用い...

デジタル時計の画像

海外バイナリーオプション業者を利用する一番の理由は30秒・1分取引などの短期取引が利用できる点だと思います。やり方次第では短時間で大きな利益を得る事も可能な魅力的な取引方法です。しかしその反面、短時間で大きな損失を被る可能性もあります。また、損失取引になる可能性が高いと分かっていても15分取引のような転売機能は30秒・1分取引では利用不可でエントリー後は相場がどんな動きをしても見守るしかありません...