このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

平均足でトレンド・転換サインを見極めよう!

平均足のイメージ画像

 

MT4で相場分析をする時、ほとんどのトレーダーさんはローソク足か平均足を使用して分析を行うのではないでしょうか?
中には両方とも使うというトレーダーさんもいらっしゃると思います。
管理人の場合は後者のやり方です。

 

平均足の特徴は一目でトレンドが把握でき、エントリー方向を定めやすいという点です。
加えてトレンド転換も掴みやすく、優秀なインジゲーターです。

 

今回は平均足について基本ポイントや実践での使い方をご説明していきたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ローソク足と平均足の違いとは?

まずはローソク足のチャートをご覧ください。

 

ローソク足のチャート

 

ある時の「USD/JPY」のチャートです。
それでは次に同じチャートの平均足バージョンを見てみましょう。

 

平均足のチャート

 

ローソク足と比べるとトレンドの方向性がより明確に示されるのが平均足の良い所です。
ローソク足は例えば1分足なら一分間の最高値・最安値・終値・始値(以降四本値と呼びます)が明確に表示されます。
平均足の場合はローソク足同様、四本値で描写されますが「始値」「終値」にローソク足とは異なる計算で描写されます。

 

平均足の始値には、直前の平均足の始値と終値の平均値を使用。
要するに平均足は、必ず前の足の実体の中心から描画されます。

 

平均足の終値には、価格の四本値の平均値を用います。
ちなみに高値と安値に関してはのローソク足同様、1分間なら1分間のの最高値と最安値が描写されます。

 

平均足はトレンド把握に長けたインジゲーター

先ほどのローソク足と平均足の画像を比較すると、ローソク足より平均足の方がよりトレンドが把握しやすいと思います。

 

平均足の最大の利点は

売買方向の強さとトレンド把握が容易に出来る

この点に尽きます。

 

順張りでトレードを行う人、トレンド転換を狙ってトレードを行う人にとっては心強い味方です。

 

平均足の基本的意味

先ほどの平均足の画像ですが・・・

 

白→上昇平均足
赤→下降平均足
※色は任意で変更可

 

基本的に実体の大きさがトレンドの強さを示しています。
現在の平均足が直前の平均足より小さい場合、トレンド転換の兆候の可能性があります。
上下にヒゲが存在している場合、相場の「気迷い状態」となりどちらの方向に行くか決めかねている意味となります。

 

相場の流れをより把握するために平均足を用いますが、あくまで直前の平均値を算出して推移していますので、正確な価格変動を知りたいときには不向きです。
正確な価格を知りたいのであればローソク足を用います。

 

平均足、ローソク足共にメリット・デメリットが存在ますが、両方使うことでより正確なトレードの実現が可能になります。
現に管理人はローソク足をメインに分析を行い、平均足でトレンドの強さと方向をしっかり確認した上でエントリーを行います。

 

平均足の表示方法

平均足を表示する場合は、他のインジゲーターと違い一つ前準備があります。
平均足を表示する場合はローソク足の表示を非表示にしてから出ないとローソク足に被って平均足が表示されてしまいます。

 

見にくいと思いますのでそうならないように設定を行います。

 

手順その@:ローソク足の非表示設定

平均足を表示させる設定@

 

任意の通貨チャートを開いたら画面上で「右クリック」し「プロパティ」を選択します。

 

平均足を表示させる設定A

 

プロパティを選択すると上記のような設定画面が表示されます。

 

1:上昇バー
2:下降バー
3:上昇ロウソク足
4:下降ロウソク足
5:ラインチャート

 

上記5点を「None」設定にしてロウソク足が表示されないように設定します。
その他色の設定はデフォルトのままで構いません。
任意で変更することも可能ですので見やすいようカスタマイズしてみても良いと思います。

 

平均足を表示させる設定B

 

「None」設定にして「OK」をクリックすると上記画面のようにマス目があるだけの画面が表示されます。
これで平均足を表示させる設定が完了しました。

 

手順そのA:平均足の表示

手順その@が完了したら次は平均足の表示設定を行います。

 

 

MT4画面で「挿入」→「インジゲーター」→「カスタム」→「Heiken Ashi」の順に選択。
※MT4の種類にもよると思いますが「Heikin Ashi」(ヘイキンアシ)ではなく「Heiken Ashi」(ヘイケンアシ)と表示される場合があります。
どちらも平均足ですので問題はありません。

 

 

パラメーターや色の設定などが出来ますが、デフォルトのままで構いません。
そのまま「OK」をクリックします。

 

 

このように平均足が表示されれば設定完了です。
あとは移動平均線などのインジゲーターを組み合わせてオリジナルの分析スタイルを作り上げて下さい。

 

まとめ

平均足はトレンドを把握しエントリー方向を定めるのに頼りになるテクニカル指標です。
平均足とローソク足を二刀流で使いこなすことによって勝率も更なる向上が見込めます。

 

本カテゴリーでは、管理人が使用してきたインジゲーターの特徴や使い方を解説していますので、他のインジゲーターと組み合わせてオリジナルのトレード手法を確立して下さいね。


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】