このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

順張りでも逆張りでも対応!ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドのイメージ画像

 

移動平均線に次いで利用されることが多いインジゲーターの一つに「ボリンジャーバンド」が挙げられます。
使用しているトレーダーさんも多いのではないでしょうか?

 

ボリンジャーバンドは色々な観点でアプローチし分析することができ取引を行うポイントを見極めやすくできる有能なインジゲーターです。
基本説明と使い方をご説明させて頂きます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドの前提概念として標準偏差と正規分布が用いられています。
いきなり難しい言葉が出てきましたね。

 

「偏差値」という言葉なら何となく聞き覚えは有りますかね。
大学受験などで良く「偏差値〇〇がこの大学の基準」とか言いますよね?

 

ボリンジャーバンドは大学受験の偏差値」のようなものと思っていただければこれからご説明する内容が分かりやすいと思います。

 

平均値からどれぐらい値動きにばらつきがあるのかを標準偏差で算出して、値動きの収まりやすいポイントが視覚で簡単に理解しやすいようにされているインジゲーターです。

 

ある一定の確率で値動きが収まりやすいレンジを「σ(シグマ)」と呼びます。
そして、平均値からみて上のレンジを+1σと呼び下のレンジを−1σと呼びます。
さらに、2倍したものが+2σ・−2σになります。

 

画像付き解説

ボリンジャーバンドの表示例

 

上記チャート画面には1σ〜3σのバンドを表示しています。
赤色→±1σ、黄色→±2σ、青色→±3σ。

 

参考までに3σまで表示させていますが、正規分布の理論ではσごとにそのシグマ内に収まる確率が出ています。

 

+1σ、−1σに収まる確率は約68.2%
+2σから−2σに収まる確率は約95.4%
+3σから−3σに収まる確率は約99.7%

 

という数値です。
この確率を頭に置いた上で先ほどのチャートを見て下さい。
何か所か3σ到達している所はありますが、ほぼ±2σ以内での推移となっています。

 

注意点

 

確率だけを鵜呑みにして取引をしていると予測を誤る場合があります。
あくまで20日設定など限定された期間内での話です。

 

為替は世界情勢で大きく変動することもあり、重要な経済指標の発表や要人の発言などにも影響を受けます。
そのため、いくら±3σまでに収まる確率が99.7%だとしても突発的に3σを抜ける場合もあります
その点は注意が必要です。

 

ボリンジャーバンドの設定方法

ボリンジャーバンド設定方法

 

MT4で挿入→インディケータ→トレンド→Bollinger Bandsを選択します。
すると上記設定画面が表示されます。

 

ボリンジャーバンドの設定画面を開くと期間、表示移動、偏差の3つの設定があります。
先ほどの「σ(シグマ)」の設定は画面上の赤枠「偏差」で行います。

 

期間は何日分の数値を算出するかを設定しデフォルトでは20日設定です。
この20日間はそのまま使用してもらえれば良いです。

 

なぜ20日設定なのか

 

理由としては、市場は平日の5日間開いています。
平日でも祝日が重なると市場が動かない日(特に年末年始など)がありますので1か月4週間計算すると20日になるという理由です。

 

もちろん、任意の数字を入力することは可能ですので微調整などして頂いても問題ありません。
ですが、管理人としては上記の理由から20日設定をおすすめします。

 

ボリンジャーバンドを使用した取引手法

「ボリンジャーバンド=逆張り」というイメージを持たれる方も多いかと思います。
確かに、バンドタッチした後の反転を狙ったエントリー手法としても利用できます。

 

加えて「エクスパンション」「バンドウォーク」を利用した順張り手法としても利用できます。

 

バンドタッチを確認した後の逆張りエントリー

冒頭でお伝えした通り、ボリンジャーバンドの基本理念は標準偏差と正規分布です。
バンド内に収まる可能性を考慮し、±2σにタッチしたらそこからの相場の跳ね返りを狙ってエントリーをする方法です。

 

±1σ内に収まる確率は68.2%あるので、この範囲での取引も可能ですがレンジ相場になりやすい範囲でもあり、安易にエントリーを繰り返すと勝率は悪くなってしまう傾向がありますので、±2σを基準としたエントリーが主流です。

 

ボリンジャーバンド逆張り手法

 

上記画像のように±2σにタッチ後、一時的な相場の反転がありますよね?
このようなポイントを狙って30秒・1分の超短期取引で利益を積み重ねることも可能です。
ただし、注意点があります。

 

注意点

ご紹介した確率は、あくまでバンド内に収まる確率であり、バンドタッチして跳ね返る確率ではありません
どういうことかと言うと、バンドに相場がくっついて推移する場面(バンドウォーク)が発生します。
トレンド発生中は明確なトレンド転換を捉えたうえでエントリーをしないと利益には繋がりにくいと考えます。

 

バンドウォークを利用した順張りエントリー

先ほどお話したバンドウォークを利用した順張り手法もご紹介致します。

 

ボリンジャーバンドのバンドウォークの様子

 

上記画像は+2σのバンドにローソーク足がくっつくようにして相場が推移しています。
これがバンドウォークです。

 

この場合、先ほどご紹介した逆張りエントリー手法は通用しません。
トレンドフォロー(順張り)取引が有効となります。

 

注意点

 

サポートライン・レジスタンスラインを併用し相場の抵抗の強いラインをしっかり見てエントリーを行わないと突如バンドから相場が離れ始めエントリー方向と逆に動き始める可能性もあります。

 

ローソク足・平均足での分析が主流で皆さんも利用していると思いますので、実体の大きさやヒゲの長さにも注意しながらエントリーをするようにしてください。

 

ボリンジャーバンド3つの注目ポイント

ボリンジャーバンドを活用した取引方法の例をご紹介しました。
最後に、ボリンジャーバンドを利用する上で必要最低限、理解しておきたい3つのポイントをご紹介致します。

 

ポイント@:スクイーズ

レンジ相場・もみ合い相場が続くとバンド幅(ボラティリティ)が狭くなります。
この状態をスクイーズと言います。
「トレンド発生前の予兆」として上昇・下降トレンド発生を待ちましょう。

 

ポイントA:エクスパンション

終値がバンド(±2σなど)を突き抜ける(ブレイク)すると比較的強いトレンドが発生し始めたサインとなり、スクイーズ状態だったバンドが拡大します。
これをエクスパンションと言います。
相場の動向を見守りながらレンジブレイクした可能性が強いのであれば順張りエントリーでトレンドフォローをすると良いでしょう。

 

ポイントB:バンドウォーク

バンドウォークについては先ほど画像付きでご紹介しましたね。
バンドウォークの場合は、天井値・底値を掴まないように気を付けると共にヒゲの長さにも注意しながらトレンドフォロー(順張りエントリー)で取引を行うのが有効です。

 

まとめ

今回はボリンジャーバンドについてご説明をさせて頂きました。

 

ボリンジャーバンドは価格推移の方向性やトレンドを見極める時にも能力を発揮します。
使い慣れてしまえば、かなり強力なインジゲーターですので、まず基本事項をしっかり押さえたうえで使用してみてください。

 

ただし、ダウ理論でもあるようにトレンド発生中は転換サインがでない間は継続するという話もありますので、逆張りエントリーを多用したり、ナンピンを続けているとかなりの損失を出してしまう恐れがあります。

 

デモトレードなどでエントリーポイントを見極めるようになってからリアルトレードを行いましょう。


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】