このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ハイローオーストラリアとは?その実態を徹底解明!

ハイローオーストラリアトップ画像

 

 

バイナリーオプションに取り組んでいるトレーダーに「バイナリーオプションと言えば?」と質問をするとほぼ必ず名前が挙がるのが「ハイローオーストラリア」という海外バイナリーオプション業者。

 

この他にも海外バイナリー業者はたくさんあります。
その中でもトップに名前が挙がることが多いハイローオーストラリア。

 

 

・バイナリー初心者はハイローオーストラリアがオススメ!

 

・実績・安全性が一番高いのはハイローオーストラリア。


 

バイナリートレーダーの多くの人が口を揃えてこのように言います。
もちろん、管理人自身もハイローオーストラリアを利用している一人でオススメ出来る業者だと思っています。

 

今回は海外業者でありながら、人気の高いハイローオーストラリアとはどのような業者なのかを初心者の方にも分かりやすく解説していきたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ハイローオーストラリアとはどんな業者?

General ? Popup: JPY

 

ハイローオーストラリアとは「HLMI Ltd.」という会社が運営し、マーシャル諸島共和国の事業会社法の規定のもと営業を行っている海外バイナリーオプション業者です。

 

これまで実に30万人を超える登録者数を誇り、名実共に海外バイナリーオプション業者のNo1に君臨し続けています。

 

実際管理人が利用し始めて約4年ほど経ちますが、今まで入出金を始めその他トラブルになったことは一度もなく、他のバイナリー業者と比べても使い勝手・ペイアウト率・サポート等一番だと思います。

 

以下、ハイローオーストラリアの詳細をまとめます。

項目 内容
取引方法 HighLow/HighLowスプレッド/Turbo/Turboスプレッド
最低入金金額 5,000円※1
一回の最小投資金額 1,000円
ペイアウト率 1.85倍〜2倍
入金方法 銀行入金/クレジット入金/ビットコイン
出金方法 銀行出金
モバイル端末 対応
口座開設提出書類 身分証明書、住所確認書類
取扱商品 USD/JPY(ドル円)含む30種以上
デモトレードの有無 登録不要のデモトレード有
備考 キャッシュバック制度有

※1・・・銀行振り込みの場合最低入金額は10,000円〜

 

上記表の内容は2020年2月1日現在の情報
詳細はハイローオーストラリア公式ホームページよりご参照ください。

 

ハイローオーストラリアについて補足

今現在ハイローオーストラリアは「HLMI Ltd.」という会社が運営していますが、それ以前は「HighLow Markets Pty. Ltd.」という会社が運営していました。

 

運営会社変更の理由

オプション取引に関する金融規制等が関係しており、それに伴い「HighLow Markets Pty. Ltd.」がオーストラリア国外へのサービス提供を終了したから。
実際、アメリカやニュージーランド等の国ではオプション取引が禁止されている。

 

ただし、日本では運営会社を変更することによって今まで通りハイローオーストラリアで取引することが可能となっており、今後も厳しい金融規制が入らない限り、日本国内でオプション取引は引き続き利用可能となっております。

 

【スポンサーリンク】

 

HLMI Ltd.会社情報

以下、会社情報をご紹介致します。

 

ハイローオーストラリア会社概要
HIGHLOW.COMより引用

金融ライセンスについて

海外バイナリーオプション業者を利用するにあたり最重要確認事項である金融ライセンスの取得有無。
公式ホームページを見る限り金融ライセンスに関する記載はありませんでした。
※HighLow Markets Pty. Ltd.はオーストラリアの金融ライセンスを取得・保有している

 

では金融ライセンスを持っていない(記載されていない)HLMI Ltd.が運営するHIGHLOWは安全に取引出来ないのか?
実は・・・そんなことはありません!
これには明確な根拠があります。

 

運営会社変更前も変更後も入出金等トラブルはない(確認済み)
取引プラットフォーム等運営会社変更前と変わらない(確認済み)
日本語サポートもしっかり受けられる(確認済み)
会社設立から日が浅いため金融ライセンス取得要件を満たしていない(推察)
今後HLML Ltd.が金融ライセンスを取得する可能性は高い(推察)

 

運営会社変更はあくまでオプション取引に関する規制の関係で、オーストラリア国外でサービス継続の為にそうせざるを得なかったという話。
「撤退」や「経営状況の悪化」というネガティブな内容ではありません。
そして「HLML Ltd.」は「HighLow Markets Pty. Ltd.」の関連会社・姉妹会社であると管理人は考えております。

 

故にこれからハイローオーストラリアでバイナリーオプションを始めようと思っている方でも安心して取引を始めることが出来ると管理人は思います。
現に管理人がトラブルなく今まで通り取引出来てますので。

 

ここが他社と違う!ハイローオーストラリアの特徴

項目 HIGHLOW A社 B社
最低入金額

5,000円〜
※銀行振り込みは10,000円〜

5,000円〜 20,000円〜
最低出金額 10,000円〜 10,000円〜 10,000円〜
出金条件 なし なし 受取ボーナスの15倍の取引実施後
出金手数料 無料

2000円
※条件付で手数料無料

3000円
※条件付で手数料無料

ペイアウト 1.85〜2倍 1.8倍〜2倍 1.74〜2倍

 

ハイローオーストラリア以外の海外バイナリー業者2社をランダムにピックアップして比較してみました。
特筆すべき点は出金手数料が無条件で無料という点と高ペイアウト率です。

 

念のため断っておきますが、比較業者が「悪い」という訳ではありません。
各業者一長一短あり、中にはハイローオーストラリアよりも優れた点も多く存在します。
一例としてキャンペーンの多さが挙げられます。
比較業者ではハイローオーストラリアよりも一年通して多くのキャッシュバックキャンペーンを打ち出しておりトレーダーにとってお得に取引が出来る環境が整っています。

 

しかし、その良い点がかすんで見えてしまうほどハイローオーストラリアの取引条件が群を抜いて良いのです。
これが初心者から上級者までハイローオーストラリアが利用され続けている理由でもあります。

 

【スポンサーリンク】

 

ハイローオーストラリアのメリット・デメリット

メリット・デメリットのイメージ画像
これまでの説明で、ハイローオーストラリアがどのような業者でどのような特徴があるのかご理解頂けたかと思います。
最後に、管理人が数年間利用してみて感じたメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

 

メリット
ペイアウト率が高い
取引銘柄が豊富でその分トレードチャンスが多い
口座開設後、初回入金時に出金条件のない5000円のキャッシュバックあり
一か月間のトレード金額に応じてキャッシュバック制度あり
万が一の場合でも顧客資産の安全性が保たれている

 

デメリット
満期時の引き分け払い戻しがない
1万円以下の出金が出来ない

 

管理人が実際に今まで利用してみて感じたデメリットはこの2点ほどです。
メリットで挙げた「ペイアウト率が高い」という代わりに引き分け判定がないのですが、エントリーポイントをしっかり見極めてトレードしていればさほど問題にはなりません。

 

また、最低出金金額も他業者と比べ特段ハードルが高いわけではありませんのでデメリットと呼べるレベルではありません。
メリットばかりをご紹介しても説得力に欠けますので敢えてデメリットを挙げるのであれば上記2点だと管理人は思いました。

 

まとめ

海外バイナリーオプション業者「ハイローオーストラリア」について詳細をご紹介させて頂きました。
これからバイナリーオプションを始めようと考えている方は是非ハイローオーストラリアを利用してみて下さい。

 


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】