このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

【4年間トラブルゼロ】ハイローオーストラリアが安全だと言える理由

サイバーセキュリティーのイメージ画像

 

 

 

【こんにちわ!フォワティブです。】
バイナリーオプション歴4年。
ハイローオーストラリア・theoptionの海外BO業者で取引を行っているBOトレーダーです。
自身の取引経験を基にノウハウやお悩み解決情報をご提供します!


 

 

 

 

ハイローオーストラリアを利用してみたいけど・・・安全性は大丈夫なの?

 

海外業者って危ないイメージがあるけど・・・大丈夫?

 

個人情報の取り扱いや資金の安全性は問題ないの?


 

ハイローオーストラリアでバイナリーオプションをやってみたい!

 

だけど、不安材料が多くて口座開設を躊躇している・・・。

 

そんな方の為に、ハイローオーストラリアが安全性の高いBO業者という事を理解して頂く為に、管理人の経験談を交えてご紹介していきたいと思います。

 

【今回のポイント】

 

ハイローオーストラリアは安全利用できる業者

 

安全性を示す5つの根拠

 

ハイローオーストラリア3つの噂の真相

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

結論:ハイローオーストラリアは安全に利用できる業者です

何故安全だと言い切れるのか?

 

その理由は1つ。

 

管理人自身が約4年間、ハイローオーストラリアを利用して入出金トラブルや個人情報トラブルなど一切のトラブルがゼロだったからです。

 

数日または数か月利用した感想ではなく4年間と言う長い年月をかけて利用してきた結論ですので信頼性・信用性に足る情報だと思います。

 

また、更なる信頼性を高めてもらう為、当サイト管理人プロフィールをご参照ください。

 

ハイローオーストラリアを利用し始めた経緯や出金実績の一部を公開しています。

 

ハイローオーストラリアが安全だと言える5つの根拠

管理人自身の経験からハイローオーストラリアは安全という結論と根拠を最初にご紹介しました。

 

ここからは安全性についての根拠をもっと深く掘り下げて、より確固たる安全性を証明していきたいと思います。

 

今回ご紹介する安全性の根拠は以下の5つ。

 

運用歴が長い

 

日本人スタッフ対応サポートセンターがある

 

専門職業賠償責任保険に加入している

 

会社情報がしっかり記載されている

 

出金スピードが速い

 

根拠@:運用歴が長い

最初にご紹介するのがハイローオーストラリアの運用歴の長さ。

 

会社の信頼・安全性を図る上で重要な指標の1つが会社設立後の運用歴の長さです。

 

ハイローオーストラリア(HighLow Markets Pty. Ltd.※1)は2010年5月10日に設立され、10年以上運営しているバイナリーオプションの老舗業者です。

 

バイナリーオプション自体が2000年代前半に誕生した金融商品ですので、その歴史はまだ比較的新しく20年も経っていません。

 

そんな中、ハイローオーストラリアの運用歴は10年以上。

 

信頼性・安全性に優れていないと今現在まで生き残れていません。

 

この点だけでもハイローオーストラリアの安全性の高さをご理解頂けるかと思います。

 

ちなみに、運用歴10年以上の海外BO業者は管理人が知る限りハイローオーストラリアしか存在していません。

 

※1
2019年4月29日、ハイローオーストラリアは運営会社を「HighLow Markets Pty. Ltd.」から「HLMI Ltd.」に変更しました。

 

これは海外各国のオプション取引の金融規制が関係しているものであり、日本で引き続きサービスの提供を維持するために行われた運営会社の変更ですので現在も安心してご利用頂けます。

 

根拠A:日本人スタッフ対応サポートセンターがある

サポートセンタースタッフのイラスト

 

ハイローオーストラリアでは日本人スタッフが在籍しており、電話・メールによる問い合わせは全て日本語対応しています。

 

海外業者で取引する場合、不具合や疑問・質問がある時に日本語サポートに対応していないとかなり不便です。

 

日本語対応している海外業者は多いものの、メールのみ日本語対応という業者もあります。

 

その点ハイローオーストラリアではメールだけでなく電話でも日本人スタッフが親切丁寧に対応し問題解決に努めてくれます。

 

サポート面がしっかりしているという点も安全性を図るうえで重要な要素ですね。

 

根拠B:専門職業賠償責任保険に加入している

ハイローオーストラリアでは専門職業賠償責任保険に加入しており、顧客の口座資金の安全性が保たれています。

 

ハイローオーストラリアよくある質問集HIGHLOW.COMよくあるご質問より引用

 

保険加入はもちろん、各顧客の資金は信頼性の高い金融機関の口座に分別管理されています。

 

これは万が一、ハイローオーストラリアが利用できなくなったり撤退という事になっても、取引口座に入っている資金の安全は保証されているという事になります。

 

資金の分別管理や保険加入は全ての海外業者が取り組んでいるわけではなく、一部の業者しか対応していません。

 

ハイローオーストラリアは顧客の資金の安全性も確立した信頼性の高い業者です。

 

根拠C:会社情報がしっかり記載されている

海外BO業者の中には会社情報が記載されていない事もしばしばあります。

 

会社情報が記載されていない業者で取引するのは中々怖い部分もあるのではないでしょうか?

 

しかし、ハイローオーストラリアはしっかり会社情報がHP内に記載されています。

 

ハイローオーストラリア会社概要
HIGHLOW.COM会社概要より引用

 

現在ハイローオーストラリア(HLMI Ltd.)はマーシャル諸島共和国の事業会社法の規定のもと営業しています。

 

具体的に会社情報を記載している点も安全性の高さを証明する1つの根拠としてご紹介できると思います。

 

根拠D:出金スピードが速い

出金申請をしてから実際に指定口座へ入金(着金)されるまでのスピードは業界随一と言っても過言ではありません。

 

出金申請タイミングにもよりますが最短翌銀行営業日に着金可能です。

 

また、管理人が出金申請をした中で・・・

 

出金されなかった

 

出金拒否された

 

出金が遅れた

 

などのトラブルや問題は一度たりともありません。

 

バイナリーオプションを始めたいが躊躇してしまう人の多くは「出金」に関する不安が大きくて結局やらず仕舞い・・・というパターンがかなり多い印象です。

 

ハイローオーストラリアは出金に関しても安全性・信頼性に長けている業者です。

 

安心してご利用ください。

 

なお、出金に関する詳細は当サイトでもご紹介していますので是非ご参照下さい。

 

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ネットで出回っているハイローオーストラリアの噂を解決

これまでの説明で「ハイローオーストラリアは安全な業者である」という内容はご理解頂けたかと思います。

 

しかし、ネット上ではハイローオーストラリアに関連する様々な「うわさ」が飛び交っています。

 

中には口座開設をためらってしまうような内容もありますのでその真相を追求したいと思います。

 

今回は代表的なうわさである3つの内容をピックアップしました。

 

その内容は以下の通り。

 

ハイローオーストラリアは違法業者?

 

稼ぎすぎると口座凍結される?

 

撤退情報があるけど本当?

 

噂の真相@:ハイローオーストラリアは違法業者?

結論から申し上げます。

 

ハイローオーストラリアが日本の金融庁から警告を受けているのは事実

 

しかし、誤解無きよう最初に申し上げます。

 

日本の金融ライセンスを取得していないから警告を受けているのであって、危険な業者・詐欺業者だから警告を受けているのではありません。

 

バイナリーオプションは参入までの敷居が低く気軽に取引開始できる一方で投機性(ギャンブル性)が高く、やり方次第では短時間で多額の損失を発生させてしまうリスクがあります。

 

そこで日本では投機性を抑える為に様々な制限を設けています。

 

【海外BO業者】

 

・30秒や1分取引など超短期取引が可能

 

・5分・15分取引など中期取引も可能

 

・日本の金融ライセンス不所持

【国内BO業者】

 

・短期取引の取り扱いはなし

 

・2時間〜3時間ごとの取引

 

・日本の金融ライセンス取得済み

 

簡単ではありますが、国内・海外BO業者の違いを挙げてみました。

 

 

とりあえず、ハイローオーストラリアも日本の金融ライセンスを取得すればいいんじゃない?

 

そうすれば警告も受けずに済むし。


 

ごもっともな意見ですね。

 

しかし、日本の金融ライセンスを取得するということは日本の法律に従って営業することを意味します。

 

要するに今までの短期取引は利用不可になってしまいます。

 

海外BO業者の最大の魅力は日本国内BO業者では取り扱えない超短期取引があるという点です。

 

その魅力を生かすべく、敢えて日本のライセンスを取得せず営業を続けています。

 

 

そもそも金融ライセンスを取得していない業者で取引すること自体、違法にならないの?

 

これに気付いた人、かなり鋭い視点をお持ちだと思います。

 

結論を言えば違法にはなりません

 

管理人がかなり入念に調べてみましたが、日本の金融庁が出している警告はハイローオーストラリアに向けてであって、利用者を制限するものではありません。

 

故にハイローオーストラリアを利用したからと言って利用者が罰せられる・法に触れるという事はないようです。

 

管理人がハイローオーストラリアで口座開設・取引を始めて4年経ちますが、今まで何か金融庁から通知が来たり、安全性が失われたと感じたことは一度もありません。

 

もし、海外BO業者に抵抗があるのであれば国内BO業者を利用すると良いでしょう。

 

噂の真相A:稼ぎすぎると口座凍結される?

結論から申し上げます。

 

何千万・億単位の利益を出せば利用制限がかかる可能性があるらしい・・・

 

「らしい・・・」と曖昧な表現をしたのは、実際管理人は何千万・億単位の利益を出したことはないので正直分かりかねます。

 

ただ、多額の利益を出したから口座凍結という訳ではなく、一度に取引できる金額の制限がかかるというのは本当みたいです。

 

ただ、何千万も何億も稼ぐことができるのはトップ中のトッププロトレーダーだけですので、ほぼ気にしなくても良いです。

 

普通に取引をして一日数千円〜数万円ほどの利益を得ていて、口座凍結になったり取引金額の制限がかかる事なんてまずあり得ません。

 

ゆえに、この点は特に心配せず取引に臨んで全く問題ありません。

 

噂の真相B:撤退情報があるけど本当?

本記事を執筆しているのが2020年8月。

 

現時点でハイローオーストラリアの撤退事実はありません!

 

そもそも何故ハイローオーストラリアの撤退情報が出回っているのか?

 

緊急メンテナンスで取引が一時中断している

 

サーバー障害で一時的にアクセスしずらい状況になっている

 

このような理由が挙げられます。

 

一時的なアクセス不具合から「まさか・・・ハイロー撤退!?」という噂が出回ってしまうようです。

 

安全性の高さを証明する根拠の1つ目にご紹介した「運用歴の長さ」でもお分かり頂けたように、ハイローオーストラリアは10年以上運営を続けている老舗業者です。

 

そうそう「撤退」という事態が起こることは考えにくいです。

 

今現在、撤退の事実も今後の撤退情報もありませんので、口座開設を検討している方は安心して取り組んでください。

 

まとめ

【今回のおさらい】

 

ハイローオーストラリアは安全性の高い海外BO業者

 

10年以上の運用歴を誇る老舗業者

 

日本人サポートスタッフがメール・電話対応してくれる

 

会社情報がしっかり明記されている業者

 

出金スピードが速く管理人の経験上、トラブル皆無

 

金融庁から警告を受けているが、危険・詐欺業者だからではない

 

稼ぎすぎての口座凍結の心配をする必要はない

 

2020年8月現在、撤退事実・情報は存在しない

 

ハイローオーストラリアの安全性の高さはご理解頂けましたか?

 

安全性の高さを証明するのと同時にハイローオーストラリアにまつわる「うわさ」の真相についても触れさせて頂きました。

 

10年以上の運用歴になる老舗業者のハイローオーストラリア。

 

安全性の高さをご理解頂き、口座開設に抵抗がなくなったのであれば、是非前向きに口座開設を検討してみて下さい。

 

最後に、バイナリーオプションは投資です。

 

元本が保証されている訳ではありませんので、取引を行う際はしっかりリスクを考慮した上で臨むようにしましょう!

 

以上【【4年間トラブルゼロ】ハイローオーストラリアが安全だと言える理由】でした!


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】

【副業二刀流術の極意公開中!】