このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ハイローオーストラリア運営会社変更の概要

プランの変更イメージ

 

 

 

【こんにちわ!フォワティブです。】
バイナリーオプション歴4年。
ハイローオーストラリア・theoptionの海外BO業者で取引を行っているBOトレーダーです。
自身の取引経験を基にノウハウやお悩み解決情報をご提供します!


 

 

2019年6月、ハイローオーストラリアより1通のメールが届きました。

 

ハイローオーストラリア運営会社変更と口座移行のお願いメール

 

内容は運営会社変更とそれに伴った口座移行についてです。

 

何故運営会社が変更になったのか?
これからハイローオーストラリア利用を検討している方や今現在利用している人の不安を払拭するべく、情報をシェアしたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

運営会社変更=ハイローオーストラリア撤退!?

まず、多くの方が一番不安に感じている問題を解決していきましょう。

 

結論から申し上げます。
ハイローオーストラリア撤退の事実はありませんし、倒産などの事実もございません。

 

それでは何故運営会社が変更になったのか?
その理由は、ハイローマーケッツがオーストラリア居住区以外の金融サービスを停止することになったからのようです。
その為、運営元であるハイローマーケッツからHLMI Ltdという会社に事業を引き継ぎ、オーストラリア国外でもサービス提供を継続できるように今回の対応が取られたものと思います。

 

でも、何故突然サービス停止になったのか?

 

オーストラリア金融当局の国外規制強化
日本以外の国がバイナリーオプション取引の規制を行った

 

バイナリーオプションは投資です。
しかし、バイナリーオプションの特徴として投機性が高いという点が挙げられます。

 

その為、各国でバイナリーオプションに関する様々な規制が働いたものと考えれます。

 

 

という事は日本でもバイナリーオプション取引が出来なくなるんじゃ・・・

 

ご安心ください。
2020年5月時点では、バイナリーオプション取引の規制に関する情報・事実は一切ありません。

 

国内バイナリーも海外バイナリーも引き続き取引することが可能です。
これからハイローオーストラリアで口座開設を検討されている方も安心して取引を始めて下さい。

 

General ? Popup: JPY

 

運営会社変更で取引内容は変わったのか?

ハイローオーストラリアが撤退・倒産ではないことに、まず一安心して頂けたかと思います。
それでは次の問題を解決していきましょう。
「取引内容変更の有無」です。

 

結論から申し上げます。
運営会社変更後から2020年5月時点までで運営元変更に伴う取引スタイル等の変更はありませんでした。

 

ダッシュボードの内容や今までの入出金履歴も全て引き継がれていました。
取引自体は今までと何ら変わりなく行えており問題はありませんでした。

 

【スポンサーリンク】

 

HLMI Ltdの概要

ハイローオーストラリアの運営会社情報

 

所在地はマーシャル諸島共和国。
HLMI Ltdはマーシャル諸島共和国事業会社法の規定のもと運営しているとの事です。

 

金融ライセンスは?資金の安全性は?

海外バイナリーオプション業者を利用するにあたり最重要確認事項である金融ライセンスの取得有無
管理人が確認した限りでは公式ホームページ上に金融ライセンスに関する記載はありませんでした。

 

 

金融ライセンスの記載がないってことは安全な取引は出来ないの?

 

実はそんなことは一切ありません。

 

何故なら、今回の運営会社変更はバイナリーオプション規制に伴ったものです。
旧運営会社が潰れたわけではなく、ハイローオーストラリアが日本国内に引き続きサービスを提供できるようするための対応だからです。

 

ホームページでは「HLMI Ltdはマーシャル諸島共和国事業会社法の規定のもと運営」と記載されていますし、長年積み上げてきたハイローオーストラリアの信頼や安全性を損なう方法は取らないと思います。

 

そしてもう一点。
口座資金の安全性についてです。
ハイローマーケッツが運営している時は「ロイズ保険組合」に加入しており、万が一倒産などの事態になっても顧客の資金は保障されていました。

 

それではHLMI Ltdではどうなのか?

 

ハイローオーストラリアのよくある質問

 

上記内容は、HIGHLOW.COMのよくあるご質問から抜粋したものです。

 

明確な組合名などの記載は有りませんが、専門職業賠償責任保険に加入している旨が記載されています。
故に運営会社が変更しても口座資金の保証・安全は保たれていることがお分かり頂けるかと思います。

 

まとめ

2019年6月当時はハイローオーストラリアの運営会社が変更になったと利用者の中で大きな話題になりました。
突然の口座移行や運営会社変更は正に寝耳に水と言った所でしょうか。

 

結論として、運営会社が変更になっても今まで通りハイローオーストラリアでバイナリーオプション取引が可能です。
それは運営会社変更後1年経過しても特に変わりはありません。

 

今回の記事が今後の取引でお役に立てば幸いです。

 

記事内グレー背景枠画像はHIGHLOW.COMより引用


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】

【副業二刀流術の極意公開中!】