【当サイトよりお知らせ】

重要なお知らせ

2019年6月16日、ハイローオーストラリアの運営会社が変更になる旨が記載されたメールが届きました。

元運営会社「HighLow Markets Pty. Ltd.」

新運営会社「HLMI Ltd」

現在当サイトでは運営会社変更に伴う変更点を確認し随時更新中です。

なお、HighLowの各顧客様に関しては口座移行のメールが届いているかと思います。

手順に従い口座移行を完了すれば今まで通り取引は可能となっております。

全ての情報更新まで今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

詳細は超重要!ハイローオーストラリア口座移行の真相!運営会社変更が関係をご参照下さい。

Twitter開設のご案内

2019年8月、バイナリーオプション専用Twitterアカウントを開設致しました。

バイナリーオプションに関するお役立ち情報を随時更新中!

ツイート内容はサイドバーにて掲載しております。

皆様の閲覧・フォローお待ちしております!

General ? Popup: JPY

60%の勝率が今後のバイナリーオプション継続のカギ

損益分岐点のイラスト

 

 

様々なテクニカル指標を駆使しオリジナルの分析画面を作成し日々バイナリーオプションで奮闘している皆様へ一つご質問があります。

 

損益分岐点はしっかり把握されておられますか?
1か月通して何%の勝率を保てれば利益を得ることが出来るか考えた事はありますか?
実はこの損益分岐点をしっかり把握しながらトレードする人としない人では取引の質や損益に大きな差があります。

 

無論、損益分岐点をしっかり把握しているトレーダーの方が安定した利益を得ることが出来ています。
それは何故か?

 

今回はハイローオーストラリアにおける損益分岐点のパーセンテージ・何故把握していなければならないのかをご紹介・ご説明致します。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ハイローオーストラリアと他社との損益分岐点の比較

一言で損益分岐点と言っても、業者ごとに違いがありますし取引方法によっても違ってきます。
その理由がペイアウト率です。

 

ペイアウト率1.8倍と1.7倍とでは損益分岐点が変わってきます。
また、一回の投資金額にばらつきがあると、これも話が変わってきます。

 

バイナリーオプションで取引を行う前提として

 

一回の投資金額は一定
ペイアウト率から損益分岐点となる勝率を算出する

 

上記2点の前提ルールは非常に重要です。
それでは実際どのくらいの勝率を保っていればハイローオーストラリアで利益を得られることが出来るのでしょうか?

 

勝率60%の場合

勝率60パーセント損益試算

上記画像は管理人がエクセルで作成したバイナリーオプションの利益・勝率を算出する簡易ツールです。
エントリー回数、的中回数、購入金額、ペイアウト率を入力すると自動で計算してくれます。

 

比較条件

ハイローオーストラリアと海外バイナリー業者(他社)を比較
取引種類:15分取引
エントリー回数:一日5回で一か月20日稼働で試算
一回の購入金額:1000円固定で算出
的中回数:60回(勝率60%)
ペイアウト率:2019年4月までの15分取引ペイアウト率

 

比較して頂くとお分かりになると思いますが、バイナリーオプションで勝率60%を保っていれば一回の投資金額が1000円だとしても十分な利益を確保することが可能です。

 

そして、ハイローオーストラリアは業界屈指の高ペイアウト率業者です。
ハイローオーストラリアの15分取引のペイアウト率は1.88倍なのに対し他社のA社は1.8倍と同じ取引を行い一回に得られる利益が80円違ってきます。

 

その積み重ねが一か月後にどう響くかと言うと、管理人の試算上では
ハイローオーストラリアの損益額・・・12,800円
A社の損益額          ・・・ 8,000円

 

一か月の利益に4800円の差があります。
一か月4800円、年間57,600円の利益額に差が生じます。
いかにハイローオーストラリアが優良なバイナリーオプション業者なのかがお分かり頂けるかと思います。

 

勝率55%の場合

勝率55パーセント損益試算

先ほど勝率60%で試算を行いましたが、それでは55%の勝率の場合はどうでしょうか?
比較条件は先ほどと同じです。

 

ここで大きな差が生まれます。
ハイローオーストラリアの場合、勝率が55%でも損益分岐点はプラスになります。
それに比べてペイアウト率1.8倍の業者だと勝率55%では一気に損益分岐点はマイナスになります。

 

ペイアウト率が0.08倍違うだけで明暗が分かれる結果となりました。

 

ハイローオーストラリアでは勝率55%が一つのポイント

ハイローオーストラリアの場合、15分取引を行うのであれば一日5回、一か月100回のトレードを行ったと仮定して、55勝45敗の勝率55%を保ってさえいれば利益は毎月増えていきます。

 

逆にペイアウト1.8倍業者の場合、ハイローオーストラリアよりも多く勝たないと利益を得られない計算になります。
こう考えていくと、ハイローオーストラリアの人気や評判が高い事にも頷けると思います。

 

他の取引も試算しましたが、55%の勝率を維持できれば損益分岐点はプラスとなり毎月徐々に利益を得られます。

 

損益分岐点を把握することで得られるメリット

カフェで仕事をするノマドワーカー
先ほどのお話でハイローオーストラリアのペイアウト率は他社と比べても高くその分損益分岐点も低い計算になるため、正しい方法で取引を行っていれば利益を得られやすいという点はご理解頂けたかと思います。

 

その点を踏まえて次にご紹介するのが「損益分岐点を把握することによって得られるメリット」です。
大きく分けて2つのメリットが存在ます。

 

トレード計画が立てやすい
メンタルコントロールがしやすい

 

順番に解説していきましょう。

 

理由@:トレード計画が立てやすい

分析結果表
最初にご紹介するのが「トレード計画」についてです。

 

一日の中でバイナリーオプションに費やすことの出来る時間は限られていると思います。
そしてその時間内でトレードできる回数も限られています。
例えば、一日のトレード時間が1時間だけでエントリー出来る回数が3回だったとしましょう。
平日5日間トレードが出来ますので1週間15回のトレード回数です。

 

ここで問題です。

15回取引を行い勝率55%を維持するには何回勝利すれば良いでしょうか?

答えは8.25回。

ですが0.25回なんで回数はありませんので9回勝利すれば良いのです。

 

もう少しかみ砕いて考えてみましょう。
一日2勝1敗の成績を5日のうち4日行えば良いのです。
残りの1日は1勝2敗の負け越しでも構いません。
そうすれば9勝6敗と勝率60%計算にはなりますが、一日1回は損失を出しても何ら焦ったりイライラすることはありませんし、一週間のうち1日だけなら2敗しても全く問題ありません。

 

そう考えていくとトレード計画も立てやすくなり自分の理想とする取引スタイルが確立出来るのではないでしょうか?

 

理由A:メンタルコントロール

お金がなくて悩む男性
2つ目にご紹介するのが「メンタルコントロール」についてです。

 

正直な所、バイナリーオプションの取引自体はそれほど複雑ではありませんし難しくもありません。
一番難しいのは損失を出した時のメンタルコントロールです。
自身のメンタルをコントロールできる人がバイナリーオプションを制すると言っても過言ではありません。
一回の損失トレードが発生すると人間誰しもその損失を取り戻そうとして投資金額を上げたりギャンブルトレードに走ってしまう傾向があります。
誰だって自分のお金が減ってうれしい人なんていませんからね。

 

しかしながら、今までご紹介した内容を振り返ってみて下さい。

 

ハイローオーストラリアの損益分岐点は55%目安(他社は60%目安)
一日の取引回数に応じて1回2回程度なら損失を出しても問題ない

 

バイナリーオプションで100%の勝率を保つことなんて不可能です。
と言いますか、投資の世界において100%や絶対なんて言葉は存在しません。
負けても何ら焦る必要はありません。

 

その為にも損益分岐点を知っておくことが気持ちの余裕に繋がり常に冷静な取引を行うことが可能となります。

 

まとめ

今回の一連の話を通して、いかに損益分岐点を把握することが重要なのかをご理解頂けたでしょうか?
数値分析や計画を立てず、何となく日々トレードするよりも数値分析を行い把握しておくことでよりトレード計画・スタイルを確立しやすくなります。

 

何よりメンタルコントロールをしやすくなることが安定したトレードに繋がり毎月安定した利益を得ることが可能となります。
損益分岐点の把握やその他数値分析を欠かさないよう日々バイナリーオプションに向き合っていきましょう。


【最後までお読み頂き有難う御座います】
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
【スポンサーリンク】

本サイトはバイナリーオプションに取り組むトレーダー様へ管理人のトレード手法や経験を参考にしてもらうべく公開しており利益の保証をするものではありません。
またバイナリーオプション等の金融商品には一定のリスクがあり、元本保証をするものではございません。
本サイトの情報に基づいて投資を行った結果、ユーザー様に何らかの損失・損害が発生した場合でも当サイトでは一切の責任を負いません。
投資対象及び銘柄の選択、投資金額、エントリー方向(HIGH/LOW)などの最終決定はユーザー様ご自身の判断でなさるようにお願いします。