【当サイトよりお知らせ】

重要なお知らせ

2019年6月16日、ハイローオーストラリアの運営会社が変更になる旨が記載されたメールが届きました。

元運営会社「HighLow Markets Pty. Ltd.」

新運営会社「HLMI Ltd」

現在当サイトでは運営会社変更に伴う変更点を確認し随時更新中です。

なお、HighLowの各顧客様に関しては口座移行のメールが届いているかと思います。

手順に従い口座移行を完了すれば今まで通り取引は可能となっております。

全ての情報更新まで今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

詳細は超重要!ハイローオーストラリア口座移行の真相!運営会社変更が関係をご参照下さい。

Twitter開設のご案内

2019年8月、バイナリーオプション専用Twitterアカウントを開設致しました。

バイナリーオプションに関するお役立ち情報を随時更新中!

ツイート内容はサイドバーにて掲載しております。

皆様の閲覧・フォローお待ちしております!

General ? Popup: JPY

ハイローオーストラリアで口座開設が出来ない原因と対処方法

メールの内容を確認し困ってしまった会社員

 

 

ハイローオーストラリアで口座開設手続きを進めている人で何らかの理由で開設が完了しない人が時々いらっしゃいます。
管理人も1回提出書類不備の理由で口座開設がうまくいかなかった経験があります。

 

理由が分からないと適切な対処や改善が出来ずバイナリーオプションに取り組める時期もどんどん先延ばしになってしまいます。

 

【徹底解説】ハイローオーストラリア口座開設でも説明をしていますが、今回はもっと掘り下げて解説をさせて頂きます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

口座開設が承認されない理由と対処法

何らかの理由で口座開設が完了しない場合がありますが、考えられる可能性は以下の通りです。

 

口座開設が承認されない5つの理由

 

提出書類の不備
年齢制限に引っかかっている
すでに口座を持っている
不正による口座開設拒否
一度口座解約をしている

 

本人確認書類の不備による不承認が圧倒的に多い中、一部異なる理由で口座開設が承認されない事例も存在する

 

口座開設が出来ない、もしくは手続きが進まない場合上記5点のどれかに当てはまっている可能性が高いです。
順番に詳細と対処方法をご紹介致します。

 

原因その@:本人確認書類の不備

口座開設不承認になる一番多い理由は本人確認書類の不備によるものです。
確認書類の不備と言っても考えられる原因は数種類あります。

 

提出書類不備3大要素
撮影した提出書類の四つ角が切れている
提出書類の有効期限が切れている
入力した情報と身分証明書などの情報と一致しない項目がある

 

上記の可能性が考えられます。
管理人の場合は仕事の関係で引っ越しをし住民票は引っ越し先の市役所に手続きを行い住所変更をしていました。
しかし、免許証の住所変更をしていなかった為入力情報(引っ越し先住所)と身分証明書(引っ越し前住所)が一致せず再提出を指示されました。
免許証の住所変更を行ったのち、再提出したら問題なく口座開設が出来ました。

 

有効期限はどのくらい?

ハイローオーストラリアの公式ホームページでは郵便物の提出書類は「発行から6か月以内のものを使用」と明記されています。
使用できる期限がギリギリのものだと審査中に発行から6か月を超えてしまう場合があり、その場合再提出を求められる可能性もありますので、期限に余裕をもった書類を提出しましょう。

 

ちなみに郵便物で認められる書類は公共性の高い書類のみです。
電気・ガス・水道・電話料金等。

 

原因そのA:年齢制限に引っかかっている


ハイローオーストラリアに限らず、投資関連の口座開設は原則満20歳以上です。
無論ハイローオーストラリアも満20歳以上でないと口座開設する資格がありません。
※海外バイナリー業者の一部は満18歳以上という業者もある。
口座開設時に満20歳以上でないと、いかなる場合も口座開設は不可能です。

 

もし未成年者で取引を考えている人は20歳になるまで我慢してください。
念のため記載しますが、親や知り合いの名前を借りて口座開設しようなんてことは絶対に考えないで下さい
後々、名義を貸してくれた人へ多大な迷惑がかかります。

 

原因そのB:すでに口座を持っている・開設済み

口座は一人につき一つのみです。
複数の口座開設は出来ません。

 

万が一、虚偽の申告で登録しようとしたことが発覚した場合、現在使っている口座が凍結されてしまい取引不可の状態となってしまいます。
強制解約&今後の使用禁止もあり得ますので絶対にしないように。

 

【スポンサーリンク】

 

原因そのC:不正による口座開設拒否

先ほどの原因そのBとリンクしてくる話ですが、不正な口座開設が発覚した場合や以前何らかのトラブルでハイローオーストラリアより注意や指導を受けて強制解約などの処置を取られた場合、今後の口座開設は出来ないものと認識した方が良いです。

 

例えば飲食店で明らかな違法行為や迷惑行為があった場合「出禁」処置を取られる場合があります。
これと同じ意味だと思ってください。

 

原因そのD:一度口座を解約している

ハイローオーストラリアで口座開設して取引をしていたものの、何らかの理由で口座解約手続きを取った場合、一年間は再開設は出来ません。

 

もし、解約して一年以上経ってまたハイローオーストラリアで取引をしたいと考えている場合、サポートセンターへ連絡し事情を説明すれば以前使用していた口座を復活させてもらえるパターンもあります。

 

状況にもよると思いますので、サポートセンターに電話して確認し指示を仰いだ方が無難です。

 

まとめ

今回ご紹介した内容は口座開設が完了しない人の理由として可能性の高い項目だと思います。

 

書類の不備なら、改善・訂正して再送すれば問題ありませんが、年齢の問題や以前トラブル等が発生している場合は口座開設は望み薄だと思っておいた方が良いです。

 

また、口座を一度解約している場合は一年間の制限が付きますので解約するときは慎重に考えてから判断してください。

 

加えて不明点は日本語対応のサポートセンターがありますので問い合わせて聞いてみた方が確実です。
今回の情報が皆様のお役に立てれば幸いです。


【最後までお読み頂き有難う御座います】
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
【スポンサーリンク】

本サイトはバイナリーオプションに取り組むトレーダー様へ管理人のトレード手法や経験を参考にしてもらうべく公開しており利益の保証をするものではありません。
またバイナリーオプション等の金融商品には一定のリスクがあり、元本保証をするものではございません。
本サイトの情報に基づいて投資を行った結果、ユーザー様に何らかの損失・損害が発生した場合でも当サイトでは一切の責任を負いません。
投資対象及び銘柄の選択、投資金額、エントリー方向(HIGH/LOW)などの最終決定はユーザー様ご自身の判断でなさるようにお願いします。