【当サイトよりお知らせ】

重要なお知らせ

2019年6月16日、ハイローオーストラリアの運営会社が変更になる旨が記載されたメールが届きました。

元運営会社「HighLow Markets Pty. Ltd.」

新運営会社「HLMI Ltd」

現在当サイトでは運営会社変更に伴う変更点を確認し随時更新中です。

なお、HighLowの各顧客様に関しては口座移行のメールが届いているかと思います。

手順に従い口座移行を完了すれば今まで通り取引は可能となっております。

全ての情報更新まで今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

詳細は超重要!ハイローオーストラリア口座移行の真相!運営会社変更が関係をご参照下さい。

Twitter開設のご案内

2019年8月、バイナリーオプション専用Twitterアカウントを開設致しました。

バイナリーオプションに関するお役立ち情報を随時更新中!

ツイート内容はサイドバーにて掲載しております。

皆様の閲覧・フォローお待ちしております!

General ? Popup: JPY

ボリンジャーバンドを活用したバンドタッチ手法

折れ線グラフチャート

 

 

FX、バイナリーオプショントレーダーが一度は使った事があるであろうボリンジャーバンド。
バンドタッチ後の相場の跳ね返りポイントを狙ったエントリーに効果的です。

 

また、ボリンジャーバンドはボラティリティ(値幅)や相場の方向性を見極めるのにも優れており順張りにも逆張りにも対応できる優秀なテクニカル指標です。
この指標を用いた1分取引をご紹介致します。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ボリンジャーバンドの基本とエントリールール

冒頭でもご紹介した通り、ボリンジャーバンドは相場のバンドタッチを利用した跳ね返りを狙ってトレードを行います。

 

簡単にボリンジャーバンドの理論をご説明しておきます。
ボリンジャーバンドは標準偏差の理論を用いておりσ(シグマ)という単位を使います。
1σ、2σ、3σぐらいまでを表示させ分析に活用します。

 

±1σ内に相場が収まる確率・・・約68.2%
±2σ内に相場が収まる確率・・・約95.4%
±3σ内に相場が収まる確率・・・約99.7%

 

注目度の高い経済指標発表時や世界情勢の大きな出来事が発生した場合などは一時的にバンドを突き抜ける動きをすることがありますが、基本的に確率で言えば±3σ内に収まります。
詳細は管理人が運営する別サイト【投資初心者】バイナリーオプション入門サイトにて説明しておりますので、そちらをご参照ください。

 

エントリールール

エントリールールは1点のみシンプルなルールです。

 

±2σ又は±3σのバンドにタッチしヒゲが出現したらエントリー

 

仮に1時間取引に使える時間があれば最低5回ぐらいはエントリーポイントが発生します。
※レンジ相場が続いていたりマイナーな通貨ペアは除く

 

+2σのバンドにタッチ

2σバンドにタッチしたMT4チャート画面

 

最初にご紹介するのが+2σのバンドにタッチしてその反動で下落する相場を狙ったエントリーです。
±2σ内に収まる確率は何%だったか覚えていますか?
そうです、約95.4%です。

 

加えて上記MT4画面を注意してみてもらうとお分かりになると思いますが、ローソク足の実体が+2σをほぼ超えていません。
故に+2σはこの相場において強力な抵抗バンドになっています。
バンドタッチし上ヒゲが出現したことを確認してLOWエントリー。

 

エントリー画面とトレード結果

トレードエントリー画面1

 

エントリー直後の画面です。
1分取引で満期までに相場は下落するのでしょうか?
結果を見てみましょう。

 

トレード結果画面1

 

結果はご覧の通り。
見事に反発して綺麗に下落してくれました。

 

エントリールールの厳守と直近の相場推移パターン・法則を読み取ることによってトレードの質は更に向上しより勝率の高いポイントでエントリーを行うことが出来ると思います。

 

+3σのバンドにタッチ

3σのバンドにタッチしたMT4チャート画面

 

次にご紹介するのが+3σのバンドにタッチし下落相場を狙ったエントリーです。
±3σバンド内に相場が収まる確率は皆さん覚えていますよね?
はい、約99.7%です。

 

よほどの事がない限り±3σのバンドを突き抜けて推移することはありません。
実体の長い陽線ローソク足が何本か出現しバンドタッチ。
大きめの陰線の実体が出現した所でLOWエントリー。

 

エントリーポイント確認とトレード結果

エントリー画面2

 

MT4画面上で陰線のローソク足が出現したのを確認してからエントリーした画面です。
しっかり反発して下落方向に向かったのでしょうか?
結果を見てみましょう。

 

結果画面2

 

結果はご覧の通りで満期までしっかり下落方向に推移してくれました。
ボリンジャーバンドとローソク足のみで短時間で利益を得られるのはうれしい限りですね。

 

バンドウォークのダマシに要注意

ご紹介した2つのトレードでボリンジャーバンドの優れた点をご紹介できたかと思います。
メリットの面を十分知って頂いた上でデメリットも知って頂かなければなりません。

 

ボリンジャーバンドの「ダマシ」についてです。
タイトルにもある通り、ボリンジャーバンドはバンドタッチし相場が反発するだけではなく、そのバンドに張り付いて推移するバンドウォークがあります。

 

バンドウォークする相場

 

上記画像の赤枠に注目してください。
本来であればバンドタッチし相場が反転しますが、トレンド形成時や強いトレンドが発生している時は反転せずバンドにくっ付いて相場推移することがあります。
これがバンドウォークです。

 

この場合はボリンジャーバンドのメリットを生かせない状態ですのでバンド離れが発生するまでは反動狙いのエントリーは控えましょう。

 

まとめ

ボリンジャーバンドの特性を生かしたトレードをご紹介すると共にダマシに関してもご紹介致しました。
また、このテクニカル指標は初心者からベテランまで幅広いトレーダー方々が利用するメジャーな指標です。

 

1分取引のような短期取引はもちろん、中期・長期トレードを行う上でも威力を発揮しトレーダーを勝利に導いてくれます。
基本的なエントリールールやダマシを理解した所で皆さんも一度その威力を実感してみてはいかがでしょうか?


【最後までお読み頂き有難う御座います】
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
【スポンサーリンク】

本サイトはバイナリーオプションに取り組むトレーダー様へ管理人のトレード手法や経験を参考にしてもらうべく公開しており利益の保証をするものではありません。
またバイナリーオプション等の金融商品には一定のリスクがあり、元本保証をするものではございません。
本サイトの情報に基づいて投資を行った結果、ユーザー様に何らかの損失・損害が発生した場合でも当サイトでは一切の責任を負いません。
投資対象及び銘柄の選択、投資金額、エントリー方向(HIGH/LOW)などの最終決定はユーザー様ご自身の判断でなさるようにお願いします。