このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

三角持ち合いでブレイクポイントを見極めろ!

三角形のイメージイラスト

 

 

 

「三角持ち合い」って言葉を聞くけど、どんな内容なの?

 

三角持ち合いを利用すると勝率が上がるって聞いたけど・・・本当?


 

三角持ち合いはテクニカル指標の中でも有名で知名度が高い手法です。

 

ブレイクポイントを見つけられる
相場の方向性を見極められる

 

このような理由からより精度の高い取引を行う為多くのトレーダーがこの手法を利用しています。

 

今回は三角持ち合いの基本と利用方法をご紹介致します。
より精度の高い取引を実現するための参考にしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

 

 

三角持ち合いとは?

三角持ち合いとは、複数の高値を結んだトレンドライン複数の安値を結んだトレンドラインが三角形を形成した状態の事を言います。
主にレンジ相場の時に発生します。

 

三角形の頂点に向かって相場が推移するにつれ、レンジ幅は狭くなり上下どちらかのトレンドラインを割り込んだ時「レンジブレイク」した状態になりブレイク方向に相場が推移しやすいという特徴を持っています。

 

そして三角持ち合いの形は大きく3種類に分類され、各形状ごと特性があります。

 

3種類の名称・特性は種類別に詳細を解説致します。

 

三角持ち合い:均衡型

三角持ち合い均衡型イラスト
三角持ち合いの種類1つ目は均衡型です。
上昇トレンドラインと下降トレンドラインで形成されているのが特徴。

 

高値は切り下がり安値は切り上がる推移をします。

 

売買が非常に激しく行われており相場がどの状態に向かうかは明確なブレイクがあるまで分かりません。

 

三角持ち合い均衡型チャート

 

上記画像は三角持ち合い均衡型をブレイクし上昇方向に推移したチャートです。
ご紹介チャートは上昇方向に向かいましたが、もちろん下落推移する可能性も十分あり得ます。

 

3種類の中でもどちらにブレイクするか直前まで分からないというのが均衡型の特徴です。

 

三角持ち合い:強気型

三角持ち合い強気型イラスト
2つめは三角持ち合い強気型です。
上昇トレンドラインとレジスタンスラインで形成されます。

 

高値は更新しないものの徐々に安値を切り上げていくのが特徴。
強気型の場合、一般的に上昇方向にブレイクする可能性が高いとされています。

 

三角持ち合い強気型チャート

 

上記画像は三角持ち合い強気型が形成されているチャートです。
高値は更新せず安値を切り上げて徐々にボラティリティ(値幅)が狭くなっています。

 

そして三角形の頂点に達したとき(達せずブレイクすることもある)、相場はレジスタンスラインを突き抜け高値を更新。
以降は上昇に勢いが付く特徴を持っています。

 

三角持ち合い:弱気型

三角持ち合い弱気型イラスト

 

3つめは三角持ち合い弱気型です。
下降トレンドラインとサポートラインで形成。

 

安値は更新しないものの、高値を徐々に切り下げながら下落しているのが特徴。
弱気型の場合、一般的には下落方向にブレイクする可能性が高いとされています。

 

三角持ち合い弱気型チャート

 

上記画像は三角持ち合い弱気型が形成されているチャートです。
下値を更新せず、高値を切り下げているのがお分かり頂けると思います。

 

そしてボラティリティが狭まり相場が我慢できなくなった時、下落方向へブレイクします。

 

三角持ち合いのだましに注意!

三角持ち合いの基本と各型の特徴はご理解頂けましたか?

 

三角持ち合いをしっかり活用できればブレイクポイントでのエントリー、ブレイク後のトレンドに乗ったエントリーのチャンスが増え取引の幅とより強い根拠を持った取引を行える可能性が高まります。

 

ただし!
どのような指標・手法にも「だまし」が存在します。
三角持ち合いも例外ではありません。

 

均衡型で上にブレイクしたと思ったら急に下落に転じた
強気型で上にブレイクした直後、強い下落の勢いに押され相場が推移した
弱気型で下にブレイクした直後、上昇の勢いが加速した

 

相場は生き物ですので「絶対」という言葉は存在しません。
三角持ち合いに加えてオシレーター系インジケーターなどを組み合わせると、だまし回避率が上がります。
RSIやストキャスティクスなどと併用して取引に臨むことをおすすめします。

 

まとめ

三角持ち合いはレンジ気味の相場推移で今後の相場の流れを見極めるのに有効な手法です。

 

今の相場がレンジ気味なのか、それとも上昇・下落どちらかに勢いのある相場なのかを把握するだけでも取引の質は大きく違ってきます。

 

無論、勝率が安定・向上する可能性が高いのは後者です。

 

まずは三角持ち合いの基本と基本型を理解し取引で使える場面があればどんどん活用して利益獲得を目指してくださいね。

 


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】