このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

サポートラインとレジスタンスラインの重要性

ボーダーラインのイメージ画像

 

MT4を活用して移動平均線や一目均衡表などのインジゲーターを表示、エントリーポイントを分析しながら日々トレードされていることと思います。
しかしながら、インジゲーターのサインのみだけでは安定した勝率を得ることが難しく損失がかさむ恐れがあります。

 

インジゲーターのサインにや分析に加えエントリーにおいて必須条件になるのが

 

サポートライン
レジスタンスライン

 

です。
本サイトではまとめて「サポレジライン」と呼びます。
今回はこの2種類のラインの重要性をご説明していきます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

サポレジラインの基本と意味

そもそもサポートライン・レジスタンスラインとはどのようなラインなのでしょうか?
ある価格で反発が強いポイントがあり、そのラインを超えずに再上昇・再下落に推移したポイントを狙ったり、もしくはラインを超えた(最安値or最高値)らその方向にエントリーとエントリー根拠の一つとして考えるには有効な手段です。

 

もちろん、今までラインを超えなかったのに突如超え始めたり、最高値や最安値を更新した直後相場が逆方向に動いたりと「ダマシ」もありますが、分析ツール+ライントレードで勝率は安定しやすくなります。

 

サポートラインとは?

サポートラインは直近の最安値または、下落時に反発ポイントの強いポイントのことを言います。

 

サポートライン活用事例

 

上記画像はある時のAUD/JPYの相場です。
赤いラインを2本引いていますが、これがサポートラインです。

 

赤枠の所で何度も反発があり、その直後にある青丸は少し前の時間帯で反発が多く見られたポイントです。
二重のサポートラインでエントリーポイントを探っていましたが2本共にラインを下回って下落の勢いはまだまだ続きそうな相場です。

 

実際の取引結果

 

サポートラインを活用した取引結果
実際の管理人のトレードした結果が上記画像です。
様々な分析情報を元にLOWエントリーした結果、綺麗な下落が続き利益を得ることが出来ました。

 

本当はサポートラインの反発を利用した逆張りエントリーに備えていましたが、ラインを下回り下落の勢いが強いことから順張りに切り替えて取引を行いました。

 

レジスタンスラインとは?

レジスタンスラインは、直近の最高値ポイントにラインを引き、高値ポイントを超えてくるか否かを判断します。
インジゲーターの分析のみだと「まだまだ上がりそうだな・・・」と思ってエントリーした結果、天井値を掴んでしまい、エントリーと同時に下落に転換してしまったという経験は誰しもあると思います。

 

サポートライン同様、ラインを引くことによってダマシを回避できると共に、より根拠の強いエントリーが可能となります。

 

 

上記画像を見てもらうと分かる通り、直近は波打つ形を形成しながら相場推移しています。
移動平均線は上向きでまだまだ上がりそうだからと根拠が薄くエントリーしてしまうと、赤丸の所で下降に転換し損失になってしまいます。

 

この場合、直近の最高値を更新した直後下落に転じています。
これが先ほど申し上げた「ダマシ」です。

 

相場は波打つように推移している

基本的に相場は上がって下がってを繰り返し波を打つように推移していきます。
その中で買いが優勢であったり、売りが優勢であったりしてトレンドを形成し推移します。
もちろん、レンジ相場でボラティリティが狭く推移する相場もあります。

 

そして、上昇トレンドor下降トレンド形成中でも上がりっぱなし・下がりっぱなしという状況は少なく、大きく上がって小さく下がってなどトレンド発生中も波を打ちながら推移しますので、満期時間が決まっているバイナリーオプションにおいて、満期時間とエントリーポイントの間の時間を逆算しより勝率の高いポイントを見つけることが勝率を上げることに大きく影響してきます。

 

まとめ

サポレジラインを活用することができれば、普段ダマシに合っていたエントリーポイントも見送ることが出来損失を防ぐことが出来ます。

 

また、順張りでも逆張りでも対応できるのがライントレードの利点です。
管理人のトレードサイトでラインを活用した取引を多く載せていますのでよろしければ本サイトのリンクより立ち寄ってみて下さいね。


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】