このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

投資の基本!ローソク足の基本と見方

ローソク足のイメージ

 

 

投資の基本中の基本となるローソク足。
投資を始める場合、誰もがまずローソク足について学び勉強すると思います。

 

バイナリーオプションでもまずはローソク足の基本を学び実践で使えるようにならないと勝負はできません。
簡単単純そうで実は奥が深いのがローソク足。

 

今回は投資の基本となるローソク足について初心者の方向けに分かりやすく解説すると共に実践で使えるローソク足パターンをご紹介したいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ローソク足とは?ローソク足の見方とは?

まず初めにローソク足の理解を深めていきましょう。
こちらをご覧ください。

 

ローソク足を表示させたチャート

 

こちらが日本人が一番使っていると言うローソク足です。
見慣れた光景の方も多いかと思います。
ちなみに緑黒が陽線、白が陰線です。

 

ここで質問です!
ローソク足は1本1本4つの値から成り立っています。
その4つの値とは何でしょうか?

 

・・・
・・・

 

しっかり答えられましたか?
正解と解説をしていきましょう!

 

ローソク足を形成する4つの値

それでは答え合わせです。

 

【正解】

始値(はじめね)
高値(たかね)
安値(やすね)
終値(おわりね)

 

さぁ、しっかり答えられましたか?
ローソク足は始値・高値・安値・終値の4つの値から形成されています。

 

ローソク足の説明イラスト

 

上記図をご覧頂くとイメージしやすいかと思います。
このような形でローソク足は形成されています。

 

始値より終値の方が高いローソク足を陽線、始値より終値の方が低いローソク足を陰線と呼びます。
また、ローソク足の四角の部分を実体と呼び、上に出ている線を上ヒゲ、下に出ている線を下ヒゲと呼びます。

 

ローソク足は我々トレーダーの生命線ともいえるテクニカル指標です。
ローソク足の実体の大きさや上ヒゲ・下ヒゲの長さなどの情報を読み取り取引に役立てます。

 

ローソク足が形成されるまで

これまでの説明でローソク足の基礎をご理解頂けたと思います。

 

次にローソク足が形成されるまでの流れを確認しましょう。
我々が普段目にしているローソク足は買い手と売り手の壮絶な綱引きの結果形成されます。

 

1分足を例に挙げて考えていきましょう。
「よーい・・・ドン!」で1分間の綱引きが始まりました。
最初は均衡状態・・・ここで売り手が優勢になってきました。
負けじと買い手が盛り返し互いにしのぎを削りながら買い手が一気に引っ張ります。
不利になった売り手の反撃が始まるか?といった所で勝負終了!
買い手の勝ち!!

 

その結果がこちらです。

 

ローソク足が形成されるまでのイラスト

 

買い手と売り手の1分間の激しいバトルの結果、図のような1本のローソク足が完成します。
1本のローソク足が形成されるまでにはこのような勝負が永遠と繰り返され相場が推移していきます。

 

ローソク足1本1本にこのような物語があると思うと中々奥が深いと感じませんか?

 

【スポンサーリンク】

 

これだけは覚えておきたい!ローソク足の種類

今までご紹介したローソク足の形は分かりやすく見やすいものでした。
しかし、このような綺麗な形のものばかりではありません。

 

その形は有限なれど無限に等しいと言っても過言でないくらい存在します。
ではその無限に等しい形を全て覚えなければならないのか?
出来れば覚えたい!・・・と言いたい所ですが正直不可能です。

 

そこで「これだけは最低限覚えて!」というローソク足の形をまとめましたのでご紹介します。
ご紹介内容は陽線・陰線分けて解説しますね。

 

ローソク足の種類(陽線ver)

名称 概要 ローソク足
陽の丸坊主

上ヒゲ・下ヒゲが全くない陽線。
とにかく買いの勢いが強い。

陽の丸坊主
陽の大引坊主

始値より若干下値を下げたが、その後大きく上昇した陽線。
陽の丸坊主までではないが依然買いが強い状況。

陽の大引き坊主
陽の寄付坊主

大きく上昇するがその後若干の値下がりをして終了した陽線。
買い優勢ではあるが今後の流れに注意が必要。

陽の寄付坊主
コマ足・小陽線

画像の通りコマのような形の陽線。
どちらに行くか注意が必要だが、「強気の持ち合い陽線」として上昇に期待は出来る
今後の推移を注意して観察する。

小陽線
陽のカラカサ

始値から大きく下げ、その後持ち直して始値を上回った形で終わっている陽線。
底値から脱出したという意味をもつ時がある

陽のカラカサ
陽のトンカチ

高値と終値に大きな差がある状態の陽線。
上げ止め感を感じさせるローソク足で下落に転じる可能性有り。

陽のトンカチ

 

ローソク足の種類(陰線ver)

名称 概要 ローソク足

陰の丸坊主

上ヒゲ・下ヒゲが全くない陰線。
とにかく下落の勢いが強い

陰の丸坊主

陰の大引坊主

始値より若干高値を付けるものの下落の勢いが強い陰線。
下落の勢いが強いと思われるが、上昇に転じ始めるかもしれないので注意が必要。

陰の大引坊主

陰の寄付坊主

始値より下値を更新した陰線。
引き続き下落の勢いが強いことが予測される。

陰の寄付坊主

コマ足・小陰線

画像の通りコマのような形の陰線。
どちらに行くか注意が必要だが、「弱気の持ち合い陰線」として下落に期待は出来る。
今後の方向性を注意して観察するべき。

小陰線

陰のカラカサ

始値から大きく下げ、その後始値に近づいた形で終わっている陰線。
底値から脱出しようとしている可能性がある為買いサインの1つと考えられている。

陰のカラカサ

陰のトンカチ

始値から大きく値を上げるもその後下落し始値を下回る流れで終わっている陰線。
天井値や高値でこのローソク足が出現すると下落に転じる可能性あり。
売りサインの1つと考えられている。

陰のトンカチ

 

補足:相場転換サイン

陽線・陰線の代表的な形はご理解頂けましたか?
最後に補足として3つの相場転換サインをご紹介したいと思います。
こちらも合わせて覚えておくと便利です。

 

名称 概要
トンボ

大きく下落したものの、その後上昇して始値・終値が同値で終了した形。
下落から上昇へ転換するサインとして考えられています。

トンボ
トウバ

大きく上昇したものの、その後下落して始値と終値が同値で終了した形。
上昇から下落へ転換するサインとして考えられている。

トウバ
十字線

高値・下値を付けその後落ち着き始値・終値が同値で終了した形。
買いと売りが激しくもみ合っている状態。
上昇・下落、どちらに勢いが付くか見定めてから取引を行うのが有効。

十字線

 

まとめ

これまでローソク足の基本をご紹介して参りました。

 

どうでしょう?
理解を深めることはできましたか?

 

今回ご紹介した情報を理解している・知っているだけでも取引を行う上で大きな差が生まれます。
無論、知っていた方が勝率は上がるでしょう。

 

まずはローソク足の理解を深めなければ取引を始めることができません。
それだけローソク足は重要なテクニカル指標なのです。

 

是非ご紹介した内容を今後の取引に役立てて頂ければと思います。


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】