このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

バイナリーオプションの練習はデモトレードで!

急上昇するチャート

 

 

・本番の取引を始める前にトレードの練習をしたい

 

・バイナリーオプション業者の使い勝手を予め知っておきたい


 

バイナリーオプションで取引を開始するにあたり、いきなりリアルトレードで取引をすると損失額が大きくなってしまう可能性が大です。
そんな時に便利なのが各バイナリーオプション業者が提供している仮想資金を使ったデモトレードです。

 

リアルトレードで取引をする前にデモトレードで各業者の使い勝手やトレード感覚を養うことが出来れば利益を確保できる確率も上がります。

 

バイナリーオプション初心者の人は、まずデモトレードから始めどのような感じなのかを理解してからリアルトレードを行いましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

 

バイナリーオプションの練習「デモトレード」とは?

冒頭でご紹介したとおり、バイナリーオプション業者ではデモトレードという仮想資金を利用した取引環境を提供しています。
一部利用制限されている機能がありますが、取引方法・やり方自体はリアルトレードもデモトレードも一緒です。
リアルタイムの相場を利用してトレード練習が可能です。

 

ただし、バイナリーオプション業者によってデモトレードを利用できる業者、できない業者があります。
管理人としては極力デモトレードが利用できる業者さんを選ぶことをオススメします。

 

なぜか・・・?

各業者によってトレード画面の仕様や操作方法は様々です。
自分に合った仕様や操作方法でないと勝率・利益に大きく影響してきます。

 

チャートの見やすさ
エントリーする際のポジションの取り方
転売可能か否か
スプレッド幅の大きさ

 

など微妙に異なり、その「微妙に異なるシステム」が利益に影響を及ぼします。
故に、まずデモトレードで確実にシステム把握はするべきだと思います。

 

登録不要・要登録の業者が存在する

デモトレードを行う際、デモ口座を開設しなければならない業者もあります。
あくまで「デモ」ですので要登録業者でも登録内容は簡潔です。

 

氏名(ニックネーム可の業者もある)
メールアドレス(フリーメール可)

 

この2点ぐらいだと思います。
ちなみにですが、管理人が使用している3業者

 

・ハイローオーストラリア(海外)
・the option(海外)
・GMOクリック証券(国内)

 

上記3業者は登録不要でデモトレードが可能です。
※2020年4月現在

 

【スポンサーリンク】

 

デモトレードの注意点

デモトレードで取引体験を行う注意点として、本番と同じ気持ちでトレードを行う必要があります。
むしろ、そうでなければデモトレードの意味がありません。
どういうことかと言いますと・・・

 

スピードくじ感覚でエントリーを連打しない
仮想資金だからと高額なエントリーをしない
MT4などテクニカル分析ツールを駆使してトレードを行う

 

上記3点は非常に重要です。

 

デモ注意点その@:スピードくじ感覚でエントリーを連打しない

バイナリーオプションは「投資」という事を絶対に忘れてはいけません。
デモトレードを遊び感覚でやっていると必ずリアルトレードでもその癖が表面化します。

 

デモトレードではあくまで仮想資金ですので、実際の損失はありませんがリアルトレードで連打して損失を出したらとんでもない事になります。

 

そして、一番問題なのがデモトレードで連打してたまたま大勝してしまった時です。
「なんだ、楽勝じゃん!」なんて気持ちが芽生えてしまうとリアルトレードで必ず痛い目をみます。
お気を付けください。

 

デモ注意点そのA:仮想資金だからと高額なエントリーをしない

リアルトレードではおそらく使用する業者の最低エントリー金額で取引を始めると思います。
しかしながら、デモトレードになると「損はしないから・・・」という理由で数十万単位でのエントリーをする人がいますが、止めた方が無難です。

 

例えば、ペイアウト1.8倍の取引で10万円エントリーをし、勝利すれば18万払い出されて8万円の利益になります。
しかしながら、本番でいきなり高額なエントリーは出来ませんよね?
1000円エントリーし勝利して1800円の払い出しで800円の利益です。

 

デモトレードで高額なエントリー、ペイアウトに慣れてしまうとリアルトレードで物足りなくなってしまい、無謀な投資金額でエントリーしかねません。
あくまで自分が想定している投資金額でトレード感覚を養った方が間違いはないです。

 

デモ注意そのB:MT4(MT5)などテクニカル分析ツールを駆使してトレードを行う

実際の取引でもMT4の分析ツールは必須です。
分析をしっかり行いながら取引の練習をすすめていきましょう。

 

「逆張り」「順張り」「レンジブレイク」など色々な手法がありますので、自分の性格上どの取引の手法が向いているのかを考えながら取引するとより効果的です。

 

 

まとめ

デモトレードを行ってからリアルトレードを行う流れが一番確実です。
練習して本番が基本ですからね。

 

先ほども申し上げましたが、各業者でシステムの違いや扱いやすい・扱いにくいの問題があります。
自分にあった業者で取引をすることが勝率を上げ利益確保に繋がります。

 

そして、デモトレードでは本番さながらにトレード練習をしなければリアルトレードで絶対に勝てません。
このサイトに来てくださっている方はバイナリーオプションを始めようと思っている人か始めたばかりの初心者の方が多いと思います。

 

最初が肝心です。
僅かでも利益を確保することを目指してバイナリーオプションに取り組んでいきましょう。


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】