このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

バイナリーオプションで有効なのは順張り?それとも逆張り?

上向き矢印と下向き矢印

 

バイナリーオプションで安定した勝率を維持するためには、自身のトレードスタイルを確立させることが必要不可欠です。

 

「どの手法をベースにして取引を行うか?」

 

ここをしっかり固めて取引に臨まないと損失が増え、たちまち資金が底をついてしまう可能性があります。
ベースとなる取引手法は大きく3つに分類されます。

 

上昇・下降トレンドの波に乗る順張り手法
大きく上昇・下降した後の反発を狙う逆張り手法
レンジ相場のブレイクを狙ったブレイク手法

 

レンジブレイクを狙った手法もありますが、おそらく順張りと逆張りどちらかをベースにして取引している方が多いのではないでしょうか?

 

今回は「バイナリーオプションで取引するなら順張り?それとも逆張り?」という話をメインにそれぞれの特徴の理解を深めていきましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

 

順張りとは?

順張りとは発生中のトレンドの流れに沿って取引を行う手法です。
上昇トレンド中なら直近の高値を切り上げていく状況で、逆に下降トレンドなら直近の安値を切り下げていく状況ですね。

 

上昇トレンド発生中の相場

 

上記画像は上昇トレンドが発生している相場です。
相場が右肩上がりに上昇し直近の高値を更新し続けています。
このような相場推移の時、流れに逆らわずHIGHエントリーするのが順張り手法です。
下降トレンド発生時も同様に流れに逆らわずLOWエントリーで取引を行います。

 

管理人の個人的意見ですが、安定した勝率を維持しているトレーダーさんは順張り手法でトレードを行っている人が多い印象です。

 

実際管理人も順張り手法でのトレードを行っています。
まぁ、状況に応じて勝率の高いエントリーポイントを選択していますのでたまに逆張り手法も入ってきますが、メインは順張りです。

 

順張りのメリット

順張り手法を取り入れるメリットとしては・・・

 

天井値・底値を掴まなければそのまま上昇・下降していきますので勝率は比較的安定する
流れをとらえやすく、トレンドの流れにのる為エントリー後も比較的安心して見ていられる

 

上記2点が管理人が経験上感じた事です。

 

順張りのデメリット

デメリットを挙げるなら

 

安易にトレンド方向にエントリーしても一時的に逆方向に動く可能性もあるため損失になる場合もある
天井値・底値を掴んだ時は最悪。どうしようも出来ない

 

トレンドは永久に継続するわけではなくどこかで必ず転換ポイントがあります。
そのポイントを理解しないまま取引しても損失に繋がる可能性大です。

 

逆張りとは?

逆張りとは下落相場で買い(HIGHエントリー)、上昇相場で売り(LOWエントリー)をすることです。

 

逆張りが使用されるポイントとしては、相場が一時的に大きく上がったり・下がったりする場面があります。
相場が大きくどちらかに動くと直後に逆方向の力が働いて大きく動いた分を元に戻そうとする力が働きます。
この逆方向に力が働いた瞬間を狙うのが逆張りです。
この他にもサポートラインの反発を狙った取引やボリンジャーバンドのバンドタッチを狙った取引手法が存在します。

 

逆張りに有効な相場の例

 

上記画像はサポートラインにタッチした後一時的な上昇方向に相場が推移しています。
逆張り取引はこの反発を狙って取引を行い利益獲得を目指します。

 

故に逆張りは「トレンドを捉えて取引」というやり方ではなく、「反発を狙った取引」という取引手法です。

 

逆張りのメリット

逆張りのメリットですが・・・

 

30秒・1分など超短期取引ができる海外業者では有効でエントリー金額によっては短時間で大きく利益を出すことが可能

 

実際管理人はバイナリーオプションを始めた当初は上記のやり方をしていました。
ですが、管理人の場合はあまりうまくいかなかったのでやめました。
それが次に示すデメリットが理由です。

 

逆張りのデメリット

逆張りのデメリットですが・・・

 

うまくいく時の方が少なかった
勝率が安定しなかった
ナンピンを繰り返し損失の幅を広げてしまう可能性がある

 

管理人のトレードのやり方が下手なんだと思いますが、自身の経験に基づいた感想です。
もちろん、逆張りで利益を出し続けているトレーダーさんもいらっしゃると思いますので、最初のうちは順張り・逆張り両方試してみて自分のやりやすいやり方の手法を定めて行けば良いと思います。

 

バイナリーオプションは順張りと逆張りどっちが良いの?

取引時間 順張りor逆張り
30秒取引 逆張り
1分取引 逆張り
2分取引 逆張りかな?
3分取引 順張り
5分取引 順張り
15分取引 順張り
1時間取引 順張り

 

順張りが良いのか逆張りが良いのかは取引する時間によって異なります。
30秒・1分取引はサポレジラインの反発等を狙った逆張りが有効だと感じています。
2分取引は微妙なところですが、まぁ逆張りかなという管理人の見解です。

 

3分取引以降は順張り取引が有効だと思います。
何故なら、トレンド発生中の一時的な逆方向推移は、「あくまで一時的」な事が多く取引時間が長くなるにつれて相場の流れに沿った取引の方が安定した勝率を維持しやすいからです。

 

この内容を踏まえてどの取引時間をメインに利用するかでベースとなる手法はある程度固まると思います。
後は実践あるのみ!
相場観を養いながら独自の取引ルールを確立させて安定した利益獲得を目指しましょう。

 

逆張りが有効なのは海外業者だけ?

国内のバイナリーオプションは規制の関係で2時間〜3時間おきのトレードとなっています。
満期数分前まではエントリーできるので、全く逆張りができないという訳ではありませんが、どちらかというと数十分〜数時間トレンドの方向を見て流れにそっていく順張りの方が適しているのだと管理人は思いました。

 

あくまで管理人の感想ですので、100%鵜呑みにしないでください。
と念を押すのもその人の性格もありますし、トレードする時間帯の相場・経済指標の発表時間などで大きく相場が動いたりしますのでケースバイケースです。

 

海外業者では30秒・1分取引の超短期取引がほぼ1日中できますので、チャンスはいくらでもあります。
なので、管理人の意見としては海外業者でこそ逆張り手法は威力を発揮するのではないかという印象です。

 

まとめ

管理人は、順張り・逆張り両方の手法を試しましたし、国内業者・海外業者共にトレードしてみて今のやり方・考え方にたどり着きました。
自分のトレード方針がはっきり決まるまで勝率が安定しないかもしれません。

 

しかし、しっかりトレードルールさえ確立させてしまえばあとはそのルールが揃うエントリーポイントを待つだけですので、勝率も安定していくと思います。

 

色々試してみながら自分にあったトレード手法を見つけて下さいね。

 


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】