このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

エリオット波動論の基本概念を理解しよう!

波動のイメージ画像

 

 

 

エリオット波動ってたまに聞くけどどんな理論なの?

 

なんかゲームの必殺技みたいな名前なんだけど・・・


 

そうですね。
「エリオット波動」なんて言葉を聞いたら最初は格闘ゲームの技かと思っちゃいますね。

 

しかし!
エリオット波動は投資を行う上でダウ理論と同じくらい重要で是非覚えておきたい理論です。

 

相場推移には一定のリズムがあります。
そのリズムを読み取り取引に活かす!

 

今回は初めての方でも分かりやすくエリオット波動論の基本をおさえて解説していきたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

エリオット波動論とは?

エリオット波動論とは、ラルフ・ネルソン・エリオットという人物が唱えたテクニカル理論です。

 

相場は5つの上昇波と3つの下降波で1セット、1つの周期になっているという理論です。
言葉だけだと「なんのこっちゃ?」って感じになりますよね?

 

下の図をご覧ください。

 

エリオット波動論の説明イラスト

 

図をみて頂くとイメージしやすいかと思います。
先ほど申し上げた5つの上昇波・3つの下降波を形成していますよね?

 

注意して頂きたいのが上昇波と言っても一方的に上昇するだけではなく・・・
「上→下→上→下→上」

 

このように推移します。

 

下降波も同様、一方的に下落するのではなく・・・
「下→上→下」

 

このように推移します。

 

何だかゲームのコマンドのような印象ですね。

 

エリオット波動論を実際の相場で確認

 

エリオット波動論の基礎は何となくわかった。

だけど、そんな都合よく動くことなんて実際の相場であるの?


 

当然の疑問ですね。
そもそもそんな都合よくきれいに相場が推移する事なんて・・・と。

 

しかし!
相場を見ていると実際の相場で綺麗に形成されることがあります。

 

エリオット波動論が成立しているチャート

 

上記画像はある時のUSD/JPYのチャートです。
先ほどのイラストと比べてみて下さい。

 

実際のチャートも「上昇5波・下降3波」を形成していますよね?
もちろん、強いトレンド形成中やレンジ相場などの時はこのような綺麗な波動を描きませんが、この理論を知っていれば少なくともエントリーチャンス・利益獲得のチャンスの可能性を広げられるのではないでしょうか?

 

エリオット波動論3原則

エリオット波動論が成立するためには3つの原則があります。

 

エリオット波動論3原則

@:上昇波動3が波動1・波動3・波動5の上昇の中で一番短くならない
A:上昇波動2が波動1のスタート地点を下回らない
B:上昇波動4が波動1の高値を割り込まない

 

上昇第1波〜第5波までがご紹介した3つの原則に当てはまるとき、修正波として下降第1波〜第3波を形成しやすくなります。

 

ただし!注意してください。
あくまで「その傾向がある」という話で、エリオット波動論のみで取引に臨むことはおすすめできません。
相場は生き物であり世界情勢の変化など様々な要素を含むため、常に規則正しい動きをしてくれるわけではありません。

 

トレンド系・オシレーター系のテクニカル指標を用いてより根拠を強くして取引に臨む方が確実です。

 

相場は無数のN字を描いて推移する

エリオット波動論を用いて取引に臨む時に意識したい事、それはN字を描いて相場は推移しているという点です。

 

ZigZagインジケータを表示したチャート

 

上記画像は途中まで下降トレンドを形成していた相場です。
どのようなそうばでも画像のようにジグザグしながら「N字」を描いて推移していきます。

 

相場は上昇・下降繰り返しながら推移しトレンドを形成します。
エリオット波動論の原則に当てはまらない相場でも必ずN字を描きながら相場は推移します。
大小さまざまなN字の構成から規則性・法則性を導き出し取引に役立てるのも選択肢の1つだと考えられます。

 

エリオット波動分析に有効なインジケータZigZag

エリオット波動論の基本理念はご理解頂けましたか?

 

次に、エリオット波動を分かりやすく表示してくれるインジケータをご紹介します。

 

その名もZigZag。

 

ZigZagを使うことによってエリオット波動をより明確に表示してくれ、エントリーポイントの選定にも役立ちます。

 

ZigZagインジケータを表示したチャート

 

先ほどご紹介したチャートもZigZagを表示させています。

 

MT4ツールに標準装備されていることがほとんどですので一度確認してみて下さい。

 

まとめ

エリオット波動論の基本概念をご紹介して参りました。
本来であればもう少し詳しく説明したかったのですが、内容が分かりにくくなってしまうかと思い重要なポイントを絞ってご説明させて頂きました。

 

エリオット波動論を利用して相場分析を行い利益獲得に繋げましょう!


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】