このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

分かりやすく解説!ダウ理論を理解しよう!

複数人で難題に取り組む様子

 

少しでもトレードを行った人なら聞いたことがあると思います「ダウ理論」という言葉を。
しかしながら、ダウ理論とは何なのか曖昧で理解せずにトレードを行っている人もいると思います。

 

 

ダウ理論って聞いたことはあるけど難しすぎて分からない・・・

 

古典的な考え方と言われる事もありますが、どんな手法もダウ理論を知らずに勝つことは出来ないと言われる重要な理論です。
今回は、初心者の方でも分かりやすいよう、可能な限りかみ砕いてダウ理論をご紹介したいと思います。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ダウ理論とは?

ダウ理論とは、チャールズ・ダウという人が考え提唱した市場の値動きを評価するための理論の事です。
6つの考えの基、構成されています。

 

一言で表現するなら・・・

相場の値動きは法則性やクセをもって動くことが多い

 

19世紀後半に提唱された理論ですので、その歴史は実に100年以上にもなります。
100年以上前の理論が令和になった今現在も重要視されるってすごい事だと思いませんか?

 

それだけ投資の基本として大事ってことですね。
逆を言えばダウ理論を知らない・曖昧なまま取引をしても安定した勝率・利益は得られません。

 

基礎がしっかりしていないのに家を建てたらどうなりますか?
おそらくいずれ崩壊しますし、自宅にいる時にいきなり家が崩れたら命の危険すらあります。

 

それと同義と言っても過言でないくらいダウ理論を知らないで投資に臨むのは無謀であり危険です。

 

ダウ理論を知っている人と知らない人の差

 

お!?USD/JPYでHIGHエントリーできそうじゃん!

 

 

いや待てよ・・・。ずっと上昇してるから、もしかしたらそろそろ下落するんじゃない?

やっぱLOWエントリーにしよう!


 

 

げ!?まだ上がり続けるの?やっぱHIGHエントリーにしとけばよかった・・・。

 

ダウ理論を理解していない人の典型的なパターンです。
このような取引は、ただの「ギャンブルトレード」だと管理人は思います。
取引根拠が曖昧で下落転換サインや兆候も出ていないのに「上がり続けたからそろそろ下落しそう」とか「〜だろう」というのは、根拠のない希望的観測に過ぎません。

 

ではダウ理論を理解している人はどうでしょう?

 

 

このUSD/JPYの相場、高値・下値を切り上げて上昇トレンドが発生しているな

 

 

トレンド転換の予兆はなし!

押し目を形成してさらに高値を更新している。
このまま流れに沿って順張り取引だな。


 

 

トレンドの流れにそって取引できて利益獲得!

この次も頑張るぞ!


 

違いは一目瞭然ですよね?
ダウ理論を理解し取引をしている人は「〜だろう」という考えは持ちません。
目の前の相場の事実のみを分析し取引に臨みます。

 

自分都合の希望的観測をもって取引するのか?
それとも今起きている相場推移の事実を読み取り分析し取引するのか?

 

長期的な目線で考えればどちらが安定するかは言うまでもなく後者です。

買い・売りどちらが優勢なのか?
トレンドは形成されているのか?
トレンドはまだ継続するのか?

 

しっかり根拠をもってエントリーを行えば、安定した勝率・利益に繋がるでしょう。
仮に損失取引になってしまったとしても「何故損失になったのか?」を分析・復習しやすいですし今後の改善材料として大いに役立ちます。

 

【スポンサーリンク】

 

ダウ理論6つの考え

それでは具体的にダウ理論の考えをご紹介していきたいと思います。
ダウ理論は大きく6つの考えの基、構成されています。

 

ダウ理論6つの考え

 

平均はすべての事象を織り込む
トレンドには3種類ある
主要トレンドは3段階からなる
平均は相互に確認されなければならない
トレンドは出来高でも確認されなければならない
トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

 

 

考えその1:平均は全ての事象を織り込む

いきなり難しそうな考えが出てきましたね。

 

「平均は全ての事象を織り込む」を分かりやすく変換すると・・・

相場の価格は世界情勢やお偉いさんの発言など、ありとあらゆる出来事を含めて今推移してますよー

 

「平均」とは「相場の価格」の事です。

 

世界情勢とは何でしょうか?

地震などの災害
リーマンショックなどの世界的ニュース
大統領や首相などの各国要人の発言
経済指標の発表

 

このような出来事は全て市場価格に反映されています。
ファンダメンタルもテクニカルも市場に参加している人全ての心理がまとまって現在の相場が形成されています。

 

普段何気なく見ているローソク足1本1本にその時の世界情勢・投資家の心理など様々な要素が入っています。
そう考えると中々奥が深い話だと思います。

 

考えその2:トレンドには3種類ある

トレンドとは日本語訳で「傾向」という意味です。
要するに相場の流れってことですね。

 

投資初心者の方でも「上昇トレンド」「下降トレンド」というワードを聞いたことがあると思います。

 

下値を切り上げ高値を更新し続けている相場を「上昇トレンド
上値を切り下げ安値を更新し続けている相場を「下降トレンド

 

ついでにご紹介しておくと

ある一定の狭いボラティリティ(値幅)でモジモジしている相場を「レンジ相場

 

基本的にレンジ相場であるならば、根拠のない推測によるエントリーは危険です。
レンジ相場の場合、どちらにも傾き得る状況の為ブレイクポイントを設定しそのポイントをローソク足の実体が超えるのを確認してエントリーするほうが勝率は高いです。

 

ちょっと脱線しましたが解説を続けます。
3種類のトレンドとは

 

長期的なトレンド(1年以上)
中期的なトレンド(3か月〜1年)
短期的なトレンド(3か月未満)

 

この3点の内容です。
長期運用・中期運用・短期運用のトレーダーの売買で相場が形成されています。

 

海に行くと小さい波が来て中くらいの波が来て最後にバシャーンと大きな波が来たりしますよね?
イメージとしてはこんな感じです。

 

大きいトレンドの中には中トレンド・小トレンドが含まれ形成されているという事です。

 

考えその3:主要トレンドは3段階からなる

私たちが普段目にしているローソク足はそもそも「買い手」と「売り手」がいないと成り立ちません。
需要があっても供給が無ければ話になりませんしその逆もまた然りです。

 

ローソク足1本1本が買い手と売り手が綱引きをして勝負した結果なのです。
その綱引きの結果、どちらかが優勢に勝負が傾いた時トレンドは形成を始めます。

 

下記画像をご覧ください。
主要トレンド3段階の説明画像

 

今回は上昇トレンド形成時を例に挙げて話を進めて行きます。
主要トレンドの3段階とは・・・

 

トレンド初期(先行期)

少数の市場参加者が底値で買いを入れ始める段階

 

トレンド中期(追随期)

市場価格が上昇したのを確認したトレーダーがどんどん市場に参加し始める段階です。
参加したトレーダーが買いに走りさらなる上昇を図ります。

 

トレンド終期(利食い期)

先行期で買いを入れたトレーダーがどんどん利益確定を始める時期です。
しばらくは上昇を続けるものの、ある時を境にトレンド転換を始めます。

 

この3つのトレンドで形成されます。

 

 

・流れにそって順張りエントリーしてたのに逆方向に動き始めて損失トレード・・・

何故!?

 

・天井値・底値を掴まされっぱなしなんだけど・・・


 

さぁこのパターンが多い人!理由が分かりましたか?
利食い期で順張りエントリーしても勝てないですよね?

 

エントリーするなら追随期でエントリーしないといけませんね。
先行期でトレンド発生の初動を捉えてエントリーしても良いのですが、ダマシに遭遇する可能性も上がりますので理想は追随期に入ったのを確認してからエントリーするのがより勝率を安定させてくれると思います。

 

考えその4:平均は相互に確認されなければならない

そもそもダウ理論とはバイナリーオプション用に提唱されたわけではありません。
株式市場で考え出された理論です。

 

ここでの平均とは「平均株価」の事です。

 

「平均は相互に」というのは「平均株価は2つの指標で」という意味で2つの指標でトレンドが確認されることで、より根拠の強い明確なトレンド形成を裏付けられるという事です。

 

一見バイナリーオプションには当てはまらない考えに思えますが実はそうでもありません。

 

例えばドルが相対的に売られている時、USD/JPYは下落してEUR/USDは上昇するといったように、関連通貨ペアが連動する事を利用して値動きを予測することが出来ます。

 

また、MT4上で2つのテクニカル指標を表示させていたと仮定して、2つとも同じ動き(サイン)を発していれば信用できるトレンドの可能性が高まりますし、異なる動きをしているのであれば「トレンド形成」と判断するのは時期尚早という事が読み取れます。

 

考えその5:トレンドは出来高でも確認されなければならない

この考えの基本は「トレンドは出来高に比例する」という内容です。

 

出来高とは投資家が実際に起こしたアクションです。
「出来高は株価に先行する」という言葉がある通り、株価が上がるときは出来高も伴うことが多いです。

 

上昇トレンドの場合、出来高は価格が上昇するにつれ増加します。
下降トレンドの場合はこの逆です。

 

MT4チャートで出来高表示させた画像

 

MT4では出来高を表示させることが出来ます(※一部を除く)
チャート上で右クリック→出来高を選択すると表示可能です。

 

ただし、出来高の理念は株式相場の場合に有効でバイナリーオプションに限って言えばあまり当てはまらないのかなと管理人は思います。

 

そもそも為替は世界中で取引されており逐一出来高を正確に把握することは困難です。
もしバイナリーにこの考えを応用するのであれば、RSIなどのオシレーター系の売られ過ぎ・買われ過ぎサインの利用だと思います。

 

考えその6:トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

ダウ理論の中でも最重要かつ心臓部と言っても良いでしょう。

 

「ダウ理論の考えその2」でも触れていますが今一度トレンドの定義を確認していきましょう。

 

上昇・下降トレンドのイメージイラスト

 

上記図を見てお分かり頂けると思います。

 

上昇トレンドの定義

高値・安値を切り上げている状態が続いている

 

下降トレンドの定義

高値・安値を切り下げている状態が続いている

 

ではトレンドの定義から外れる場合は何でしょうか?
それは高値・安値を切り上げられない(切り下げられない)状態になったらですね。

 

トレンド転換のイメージイラスト
上記図は上昇トレンドの条件を満たさずトレンド転換を始めたイメージです。

 

赤丸に注目してください。
高値・安値を切り上げて推移していたのが高値を更新せず下落に転じ始めたのがお分かり頂けるかと思います。
ダウ理論ではこのような明確なサインが発生するまではトレンドは継続すると唱えています。

 

 

上昇トレンド発生中だけどそろそろ下がるかな?

 

相場が下がり過ぎているからそろそろ上がるんじゃないのかな?


 

明確なトレンド転換サインが発生していないにも関わらず「〜だろう」エントリーは損失を増やす元です。
トレンドが発生しているのであればトレンドフォローしてエントリーしていくのがベターです。

 

あとは押し目買い・戻り売りポイントを見つけてより勝率の高いエントリーを行えばおのずと勝率・利益は安定してくると思います。

 

まとめ

ダウ理論6つの考えはご理解頂けましたか?
おそらく、この理論を知っているか否かで今後の勝率・利益はもちろん取引方針を大きく左右します。

 

バイナリーオプションで勝てないという人の多くがダウ理論を理解せず感覚やその場の勢いで取引している印象を管理人は強く抱いています。

 

何事も基本が大事です。
基本が無ければ応用もできませんし早い段階で取引が破綻します。

 

エントリー方向と逆に相場推移することが多い
天井値・底値を掴みやすい
ギャンブルトレードになっている

 

このような方は是非この機会にダウ理論への理解を深め安定した勝率・利益を目指してみて下さいね。


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】