このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

海外バイナリーオプションで両建てエントリーは通用するのか?

両建てのイメージ画像

 

 

 

FX取引で用いられる「両建て」はバイナリーオプションでも通用するの?

 

FXでは売りと買い両方のポジションを保有して取引を行う両建て手法を用いることがあります。

 

何故両建てエントリーをする必要があるのか?
両建てをするメリット・デメリットは?
バイナリーオプションで両建てエントリーは通用するの?

 

今回は両建てについて検証画像を交えてご紹介していきたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

両建てとは?

最初に両建てとは何ぞや?という基本からご紹介していきたいと思います。

 

両建てとは、同じ通貨ペアで売りと買い両方を購入(エントリー)し取引を行う手法です。

 

FX取引の場合、リスクヘッジの1つとして現在保有しているポジションとは逆方向に相場が動く可能性があるとき、両建てエントリーを行いリスク回避&損失を最小限に抑え込むようにします。

 

また、両建てを行うことによって中期トレンド・短期トレンドの両方で利益を狙う事も可能です。

 

両建てのメリット

保有ポジションと逆方向に相場推移したときのリスク回避
短期・中期トレンド両方を狙って取引が可能
スワップポイントが獲得できる

 

両建て手法の最大のメリットは、やはりリスク回避が可能になるという点だと思います。
投資は利益と損失を繰り返し最終的に利益を獲得し続ける事になるのが目標です。

 

そのためにはリスクマネージメントもしっかり考えて戦略を立てる必要があります。
その観点から両建て手法は有効な取引手段の1つだと思います。

 

なお、スワップポイントとは金利の差の事で、FXでは為替差益意外に利益を出す方法もあります。
それがスワップポイントです。
中長期的に取引が可能なFXならではの利益獲得方法です。

 

両建てのデメリット

投資資金が2倍かかる
タイミングを間違えると大きな損失を被る
初心者には少し難しい手法

 

両建てとは、つまりポジションを売りと買い2つのポジションを保有するという事です。
当然一回の取引に必要となる資金も2倍かかります。

 

また、初心者が知識が浅い中で両建てを使うと大きな損失に繋がる可能性も上がります。
むやみやたらに両建てすれば良いという訳ではなく、それ相応の知識と経験が必要となる難易度の高い手法でもあります。

 

その点を理解しておかないとせっかくの両建て手法のメリットも意味をなさなくなってしまいます。
注意しましょう!

 

海外バイナリーオプションで両建て手法は通用する?

結論から申し上げます。

 

海外バイナリーオプションで両建て取引はおすすめしません!

 

何故か?

 

一言でいうと・・・

両建てのメリットは海外バイナリーオプションで生かされる機会が非常に少ない

という事です。

 

そもそも両建ては利益を得る為の方法ではなく損失を最小限に抑える為に利用する手法です。
FX取引の場合、ロスカットラインに引っかからない限り何時間でも何日でもポジションを保有することが出来ます。
ポジションを中長期的に保有していればスワップポイントによる利益獲得も見込めますし、短期・中期トレンド双方で利益を狙う事も可能です。

 

しかし、バイナリーオプションの場合は満期時刻が決められており、その時間に達したらポジションは強制決済されます。

 

短時間勝負のバイナリーオプションでは、両建て手法を使って損失を抑えるつもりが相場のノイズに引っかかり2つの取引共に損失になる可能性も比較的高いです。

 

海外バイナリー両建て手法の取引例

それでは実際に両建て手法を用いた取引例をご紹介しましょう。

 

ハイローオーストラリア両建てエントリー

 

ある時のEUR/AUDの取引画面です。
今回は検証取引の為、デモトレードを活用して取引を行いました。

 

相場分析をする限り、若干下落優勢に動きそうな推移でしたが、自信がなかったので保険で両建てエントリーで取引を開始しました。

 

両建てエントリー転売時の画像

 

相場が下落方向に向かいそのまま下降推移すると判断しHIGHエントリーポジションを決済。
5000円のエントリーに対し2,564円で転売し損益確定させました。

 

ハイローオーストラリア両建てエントリー結果画面

 

満期を迎えた時のチャートです。
大きく下落推移をして取引を終えました。

 

利益を伸ばす方法ではなくあくまで損失を抑える手法

取引例を見て頂きお分かりになると思いますが、LOWエントリーのみで取引していれば4,250円の利益獲得になっていました。

 

しかし、HIGHエントリー分が損失エントリー(2,436円のマイナス)となっていますので、損益は+1,764円。
プラスにはなっているものの、大きく利益を落とした結果となりました。

 

自信がない(根拠が薄い)取引は見送る
利益の上乗せを図る手法ではなく損失を最小限に抑える為の手法

 

両建て手法を利用するよりも自分が「ここだ!」と強い根拠を持てる時のみに取引をすることが一番望ましいです。
また、両建て手法でリスクヘッジ出来るとしてもその考えがエントリーポイント選定の甘さを招く可能性もあります。

 

FX取引のような両建てのメリットがバイナリーオプションにはほとんどないと管理人は思っているので、もしリスクマネージメントを考えるのであれば転売機能を活用する方が資金的にも良いのではないかと思います。

 

まとめ

今回は両建ての基本と海外バイナリーオプションで両建て手法は通用するのかという点をご紹介させて頂きました。

 

先ほどもご説明しましたが、両建ては利益を狙って利用する手法ではなく損失を抑える為に利用するリスクヘッジの一環だという事を覚えておいてください。

 

取引時間が決められ且つ短期決戦の海外バイナリーオプションでは両建てのメリットが薄れてしまい、中々両建ての威力を発揮する場面が少ないです。

 

バイナリーオプションでリスクヘッジを考えるのであれば転売機能を活用してみてはいかがでしょうか?
その方がバイナリーオプションでは有効な手段になるのではないかと管理人は思っています。

 

今回の記事がこれからの取引の参考になれば幸いです。

 

記事内グレー背景枠画像はHIGHLOW.COMのデモトレードで取引した画像を掲載しています。


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】