このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

海外バイナリーオプション始めるのにマイナンバー提出は必須なの?

マイナンバーカードのイメージ

 

 

 

海外バイナリー業者で口座開設するとき、マイナンバーの提出って必須なの?

 

海外バイナリーオプション業者で口座開設をするにあたり、いくつか提出書類を求められます。

 

身分証明書(運転免許証等)
住民票
公共料金の支払い明細(住所付き)

 

上記3点は多くの業者で提出を求められます

 

その中でマイナンバーの提出は必須なのか?
今回は、マイナンバーの提出義務の有無についてご紹介していきたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

マイナンバーのおさらい

本題に入る前に、マイナンバーの簡単なおさらいだけしておきましょう。

 

マイナンバー制度は2016年に開始された制度で、住民票がある日本国民全員に12桁の固有番号が発行されました。
行政の効率化・利便性の向上を図るための制度です。

 

社会保障関連の業務効率化
課税関連(申告漏れの防止等)
災害時等個人情報確認の迅速化

 

マイナンバー制度の主な目的は上記に挙げた3点です。
細分化していけば、まだまだありますが今回は割愛させて頂きます。

 

海外バイナリー業者でマイナンバー提出は必須?

結論から申し上げます。

 

海外バイナリーオプション業者の口座開設の際、マイナンバー提出は必要ありません

 

何故か?

 

マイナンバーはあくまで日本国内の法律で定められた内容であり、海外業者は日本の法律適用外だからです。

 

無論、海外FX業者も同様の扱いです。

 

国内業者の場合

 

国内FX業者、国内BO取扱業者への口座開設の際はマイナンバー提出は必須です。

 

身分証明書と合わせてマイナンバー提出を行わないと口座開設自体行えません。

 

国内業者で口座開設予定がある人は必ずマイナンバーを手元に用意しておきましょう。

 

マイナンバー不要=タックスフリーではない

マイナンバー制度の目的の1つに課税の最適化と効率化があります。

 

要するにマイナンバーを活用して「誰が」「どこで」「いくら収入を得たか」を正確に分かりやすく把握します。
あなたが一定金額以上の利益を得ていたら、当然その金額に見合った税金を納める必要があります。

 

海外バイナリー業者でマイナンバーを提出しないからと言って、税務署が何も把握できないのかと言えば全くそんな事ありません。

 

銀行などが支払調書を税務署に提出

一定金額以上、国外に送金した場合

 

財産債務調書を税務署に提出

海外バイナリー業者の口座に一定金額以上、保有している場合

 

自分の知らない所でお金にまつわる手続きが行われています。
故に「バレないだろう」と高を括っていると、手痛いしっぺ返しが待っています。

 

マイナンバー提出が不要と言っても、税金がかからないという意味ではありません。
その点十分にご注意下さい。

 

まとめ

今回は海外バイナリーオプション業者とマイナンバーの関係性をご紹介させて頂きました。

 

記事内でご紹介した通り、海外バイナリー業者を利用するにあたりマイナンバー提出は不要です。
しかし、一定金額以上の利益を得たら納税義務が発生することを合わせて覚えておいてください。

 

知っているようで意外と知らないバイナリーとマイナンバーのお話でした。


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】