このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

バイナリーオプションに損切り・ロスカットは必要?

戻ると進むの札

 

FX経験者の方であれば損切り(ロスカット)という考えは身近にあると思います。

 

それではバイナリーオプションではどうでしょうか?
FXのようにpips(ピプス)という概念がありませんし満期時刻が決まっている為、その時間になれば強制決済となります。

 

果たしてバイナリーオプションで損切り(ロスカット)は有効的な手法なのか?
今回はこの疑問を解決していきたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

損切り(ロスカット)とは?

損切りとは、投資家(トレーダー)が損失を抱えたままポジションを売却することを言います。
ロスカット・ストップロスとも呼ばれます。

 

例えば、FXトレードで相場が上昇すると分析し買いポジション(バイナリーで言うところのHIGHエントリー)を持ったとします。
しかし、分析とは逆に売りに注文が殺到し見る見るうちに相場が下落していったとしましょう。
相場の回復が見込めずこのままでは更に損失が膨らむ可能性が高いので損切りを行いポジションを手放しこれ以上損失が膨らまないように損失を確定させます。

 

バイナリーオプションと違って満期時刻は決まっていないので、資金が尽きない限り(強制ロスカット発動されない限り)ポジションを保有することは可能です。
しかしながら、希望的観測を持ちすぎると資金は一瞬で底をつき退場せざるを得なくなります。
大切な資金を必要以上失わないようにする為、FXでは常に損切りを視野に入れてトレードを行わなければなりません。

 

損切りの反対語「利食い」とは?

利食いについても少し触れておきたいと思います。
利食いとは、投資家(トレーダー)が利益を得ている状態でポジションを手放し利益を確定させることを言います。

 

例えば、買いにポジションを保有し上昇トレンドを形成している間は、どんどん利益が上乗せされます。
しかし、トレンドは永久的には続きません。
どこかで必ずトレンド転換がやってきます。

 

その転換ポイントを捉えこれ以上相場が上昇しないと判断すればポジションを手放し利益確定(利食い)します。

 

損切りでも触れましたが、FXには満期時刻はありません。
どこまでポジションを持つか手放すかはトレーダー自身の判断になります。

 

バイナリーオプションにおいて損切り(ロスカット)は必要か?

 

結論から申し上げます。
損切り(ロスカット)は必要です。

 

ただし!

 

転売機能が利用できる業者
30秒・1分取引では途中決済出来ない

 

上記2点が前提条件になります。

 

ほとんどの海外バイナリーオプション業者は30秒・1分取引では転売を活用した損切りが出来ませんが、それ以外の取引では満期1分前まで転売機能を利用してポジションを途中決済することが可能です。

 

エントリー後に予想方向と逆方向に動き続けているのであれば転売をして損切り・ロスカットをしてポジションを手放した方が損失ダメージを必要最小限に留めることができます。

 

これはリスクマネージメントの観点から見ても非常に重要です。
「損小利大」という言葉がありますが、損失を抑えながら利益を取るときはしっかり取る
投資の基本です。

 

転売が利用できるバイナリーオプション業者はどこ?

バイナリーオプションにおいて転売を活用した損切り(ロスカット)が必要であることはご理解頂けたかと思います。

 

その点踏まえた上で一つ疑問が生じると思います。

 

 

転売機能が利用できるバイナリーオプション業者はどこ?

 

管理人が利用している業者は以下の3社です。

 

ハイローオーストラリア(海外)
theoption(海外)
GMOクリック証券(国内)

 

上記3社はいずれも転売機能が利用できる業者です。

 

特に海外バイナリーオプション業者では転売を取り扱っている所とそうでない所ありますので口座開設する際、しっかり確認して後から後悔することにしましょう。

 

 

 

まとめ

投資全般に言える事、それはリスクマネージメント管理をしっかりすることです。
その一例として今回ご紹介した損切り・ロスカットが挙げられます。

 

正直、損切り・ロスカットは自らの取引失敗を認め敗北を受け入れるという屈辱に似た感情が芽生えます。
しかし、自身の失敗や敗北を認める勇気がないと投資の世界では生き残れません。
どんな凄腕の投資家でも100%の勝率を維持することは不可能です。

 

故に損小利大の概念を念頭に置き「引くところは引く」「進むところは進む」を徹底しないと安定した勝率・利益は得られないでしょう。

 

今まで損切り・ロスカットを躊躇していた方はこれを機に是非この手法を取り入れてみてはいかがでしょうか?


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】