このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

インジケーターの組み合わせ次第で勝率が変化する

証券取引所とチャート

 

バイナリーオプションで取引しているトレーダーさんの中に「やたらとインジゲーター(ツール)を表示させる」という人がいますが、はっきり申し上げます、逆効果です。
確かに世の中には相場分析するためのツールやインジゲーターが数多くありますので、どれが自分の手法に合っているのか分からない人もいらっしゃると思います。

 

しかしながら、インジゲーターを多く表示させている人は

 

相場の流れを考慮せずツールのサインに頼りきっている
そもそも各インジゲーターの意味を理解していない

 

というこの2点に当てはまる人が多いです。
そして、インジケーターの組み合わせ次第で良くも悪くも得られる利益に大きく影響します。

 

今回はインジケーターの組み合わせ方法についてご紹介致します。

 

【スポンサーリンク】

 

 

出来るトレーダーと出来ないトレーダーの差とは?

安定した利益を得られるトレーダーとそうでないトレーダーの差はどこにあるのか?

 

正しい相場知識の差
リスクマネージメント管理
メンタルコントロール

 

色々な要素が挙げられます。
その中でもインジケーターの組み合わせが適切でない、もしくは、やたらめったらインジケーターを表示させてプロトレーダーになった気分になっているという人がいます。
特に初心者トレーダーの場合、とりあえずインジケーターを多く表示させたがる傾向があります。

 

その方がトレーダーっぽいと考えるからです。
現に管理人がバイナリーオプションを始めた当初はこのような感じでした。

 

出来ないトレーダーの例

まずはこちらの画像をご覧ください。

 


ぱっと見の印象だと、様々なインジゲーターが表示されていて「出来るトレーダー」のような画面になっていますが、このような相場分析は利益を得られることができません。

 

理由

 

ありがちな理由として、インジゲーターの示す意味を理解していないという点です。
例を挙げるとオシレーターで「MACD」と「ストキャスティクス」を表示させてありますが、意味する内容は逆です。
MACDはトレンドの強さを示すテクニカル指標でストキャスティクスは買われ過ぎ、売られ過ぎを示すテクニカル指標です。
簡潔に申し上げるとMACDは順張り、ストキャスティクスは逆張りのテクニカル指標です。
この2つを使ってエントリーポイントを探すのは何を意図しているのか管理人には分かりません。

 

順張りメインのストキャスを補助ツールとして相場の天井や底値を掴まないようにという理由なら分からなくはありません。
ただ、得られる情報が多すぎて適切なエントリーポイントを見つけるには適していないと思います。

 

そして、ここまでインジゲーターを表示させると相場そのものを読み取る事を放棄しています。
あくまで一般的なエントリーサインを待って取引をするのだと思いますが、チャートの反対側には多くの投資家がいてその投資家が売買の「綱引き」をしている状況です。
投資家の心理を読み取る為の分析でありその分析結果から買い優勢なのか売り優勢なのかを予測します。

 

出来るトレーダーの例

次にこちらの画像をご覧ください。

 

 

先ほどのMT4とは打って変わってシンプルなMT4です。
実はこの画面は管理人が少し前に取引で使用していたMT4の設定です。

 

画面上には

 

移動平均線2本
一目均衡表の先行スパン1と2(雲)
RSI

 

これだけです。
これだけなのに、バイナリーオプションの勝率は65%前後あります。

 

移動平均線の向きや角度に注目し、一目均衡表で今後の相場の流れを予測。
そして、RSIでトレンド(相場)の強弱を確認し勝率の高いエントリーポイントを探します。

 

付け加えるなら、サポレジラインを追加したり、三角持ち合いのラインを引いてブレイクポイントを見つけたりします。
基本的に順張りメインのトレード手法です。

 

出来るトレーダーの例で管理人のMT4画面をご紹介しましたが、自分がまだ出来るトレーダーだとは思っていません。
ただ、表示させたインジケーターで何を読み取ろうとしているのか?という自分なりの考えを持ってインジケーターを組み合わせた方が勝率アップする可能性は上がります。

 

まずは自分の取引手法を考える

取引手法とは大きく分けて2つです。

 

相場の流れに沿った順張りエントリー
相場の隙間やトレンド転換を狙った逆張りエントリー

 

まず自分の手法が「順張り」なのか「逆張り」なのかを決めていかないといつまで経っても安定した利益の出るトレードは実現できません。

 

順張りで役立つインジゲーター

MACD
RSI(使い方次第)
一目均衡表
平均足

 

一例ですがこのような感じです。
RSIに関してはストキャスティクス同様に「買われ過ぎ売られ過ぎ」を見るサインツールですが、管理人はインジゲーターの組み合わせ次第で順張りでも大きな力を発揮すると思い順張りの項目に入れてみました。

 

逆張りで役立つインジゲーター

ボリンジャーバンド
ストキャスティクス
RSI(使い方次第)

 

メジャーなテクニカル指標で挙げられるのはこの3点だと思います。
上昇トレンド、下降トレンド中でも買われ過ぎ、売られ過ぎなどのポイントを察知し隙間エントリーを狙ってトレードするときに利用します。

 

ボリンジャーバンドはバンドにタッチするタイミングを見計らってエントリーといった使い方ですかね。

 

後は自分の使い方次第

先ほど管理人は順張り手法でRSIを使用していると言いましたが、RSIはどちらかと言えば逆張りで使用される事の多いインジゲーターです。

 

しかしながら、管理人はあくまで相場の流れを重視してのトレードを行っておりエントリーサインにはこだわりません。
移動平均線はもちろんですがサポレジラインを引いたり三角持ち合いのラインを引いてみたりして相場がどっちの方向に向かおうとしているのか、投資家たちの攻防を意識しながらトレードを行うようにしています。

 

先ほどは基本的な考え方で「順張りツール」と「逆張りツール」に分けましたが、各インジゲーターの意味を理解して使用していけば順張りでも逆張りでも対応できるインジゲーターがほとんどです。

 

まとめ

MT4に標準装備されているインジゲーターは数多くあり、100%の理解をすることは困難だと思います。
だからと言って、手当たり次第にツールを表示させてエントリーサインを待っていれば良いという物でもありません。

 

ツールはあくまで補助で大事なのはチャートの反対側にいる投資家たちの心理を読み取ることが大事なのです。
そして、順張りで取引を行うのか、逆張りで取引を行うのか自分の基本方針が定まっていないと安定した勝利には結び付きません。

 

まずは自分の考えをまとめることと、ツールに頼り過ぎず相場を読み解く力をつけることが安定した利益を得る必須条件ということを最後にお伝えして今回はこの辺で失礼します。


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】