このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

トレンド転換の見極めに有効!ダイバージェンス手法

サイン発見のイメージ

 

 

 

エントリーしてすぐに逆方向に相場が動き始めた・・・

 

エントリーした場所が運悪く天井値(底値)で損失・・・


 

こんな経験、あなたも一度はあるのではないでしょうか?
しっかり分析したつもりでも、見落としや分析不足で損失が増えてしまっては、なかなかモチベーションも上がりませんよね?

 

そこで管理人KO-YAは思ったのです。

 

 

・トレンド転換を見極める方法はないものか・・・?

 

・トレンドの弱まりを見つけられれば損失エントリーを減らせるのではないか?


 

実は・・・あったんです!

 

その名もダイバージェンス手法
この手法を取り入れてから、損失エントリーを減らし分析能力を向上させることに成功しました。

 

今回はトレンド転換を見極めるサイン「ダイバージェンス手法」についてご紹介したいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ダイバージェンスとは?

そもそもダイバージェンスとは何なのか?
基本から学んでいきましょう。

 

ダイバージェンスとは日本語訳で逆行現象と言います。

 

どういうことかと言うと・・・

 

相場は上がり調子、だけどRSI等オシレータは下がり調子(下落転換の兆候)

 

相場は下がり調子、だけどRSI等オシレータは上がり調子(上昇転換の兆候)

 

ちょっと言葉だけでは分かりにくいですかね?
画像を使ってそれぞれ詳細を解説していきます。

 

【スポンサーリンク】

 

強気ダイバージェンス

強気ダイバージェンスのイメージイラスト

 

上記画像は強気ダイバージェンス発生時のイメージです。
先ほどの「相場は下がり調子、だけどRSI等オシレータは上がり調子(上昇転換の兆候)」の事です。

 

ローソク足・平均足の推移を見てみると下値を切り下げている状況に対し、オシレーターは下値を切り上げている状態で推移します。

 

上昇へ転換する兆候
HIGHエントリーのチャンス

 

弱気ダイバージェンス

弱気ダイバージェンスのイメージイラスト

 

続いて弱気ダイバージェンスについて。
上記画像はそのイメージです。

 

先ほどの「相場は上がり調子、だけどRSI等オシレータは下がり調子(下落転換の兆候)」の事ですね。

 

相場は上値を切り上げて推移しているのに対しオシレーターは上値を切り下げて推移します。

 

下落転換する兆候
LOWエントリーのチャンス

 

実際の相場を見てみよう

強気ダイバージェンスが発生しているチャート
上記画像は強気ダイバージェンスが発生している実際のチャートです。
ご覧の通り、ローソク足は上値を切り下げ、RSIは下値を切り上げています。

 

しばらくするとローソク足がトレンドラインを割り込み上昇転換しています。
エントリーポイントとしてはこのトレンドラインを割り込んだ時がチャンスです。

 

今までの法則性が崩れた時にそれが信用できるものか否かの十分な見極めは必要ですが、より強い根拠を持ってエントリーする機会を増やせると思います。

 

トレンド転換時の損失エントリー防止に有効

ダイバージェンス手法は順張りを行う際に思わぬ損失エントリーを防いでくれる効果が見込めます。

 

その証拠に先ほどご紹介した強気ダイバージェンスが発生している画像で流れにそって順張りLOWエントリーをしていたら、おそらく損失になっていたことでしょう。

 

どんなに強いトレンドでも必ず終わりがあり転換期がやってきます。

 

「今まで強いトレンドが発生しているから、もうしばらくは大丈夫だろう」
「流れにそってエントリーしておけば勝てるだろう」

 

このような考えで取引をしてしまうと天井値・底値を掴まされ損失取引に繋がる可能性を上げてしまいます。
そのような意味でもダイバージェンス手法はトレンドの弱まり・転換の兆候を知らせてくれる頼りになるサインだと管理人は思います。

 

まとめ

ダイバージェンス手法についてご理解頂けましたか?

 

オシレーター系のインジケーターは何も買われ過ぎ・売られ過ぎサインを検知する為だけに使われるわけではありません。
考え方や組み合わせ、工夫次第でいくらでもあなたの分析の幅を広げてくれます。
特に天井値・底値を掴みやすくて悩んでいる方は是非一度活用してみて下さい。

 

ただし!
全ての手法に言える事ですが100%ではありません。
相場は生き物であり世界情勢の動向によって左右されますので、必ずしもご紹介したパターンが全ての相場に当てはまるとは限りません。

 

そのことだけ最後にお話し添えして今回のご紹介を終えたいと思います。

 

なお、ダイバージェンス手法に関連して「ヒドゥンダイバージェンス」という手法があります。
よろしければこちらの記事も参考にして頂き取引のお役に立てばと思います。

 


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】