このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

バイナリーオプションとFXの違いは?どっちがいいの?

初心者マークとチャート

 

数ある副業の中で投資に興味を持った方も多いのではないでしょうか?
しかし「投資」と一言でまとめても種類が豊富でどの投資スタイルを選択するか悩んでいる方も多いかもしれません。

 

知名度が高い金融商品と言えば真っ先に「FX」が思い浮かぶと思います。
管理人もFXでトレード経験はありますが、最近ではバイナリーオプションのみで取引を行っています。

 

理由は簡単です。

 

バイナリーオプションのほうがFXよりもメリットが大きい

 

と思ったからです。
そして、これから投資を始めようと考えている人はバイナリーオプションから投資を始める事をオススメします。
その理由とメリットをご説明したいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

バイナリーオプションとFXの違い

基本としてバイナリーオプションもFXも同じ為替相場を分析してトレードを行います。
ポジションを持つタイミングもトレーダーの任意の場所で指定が出来ます。

 

これだけ見ると「なんだ、どっちでもいいじゃん!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、双方の一番の違いは「リスク」です。
投資において、正しいリスクの理解をしていないと取り返しのつかない事態を招きます。
仮に何千万何億と資金があっても「リスクマネージメント」を適切に行っていないとすぐに資金が底をつき精神面で甚大な影響を被ることになります。

 

バイナリーオプションとFXのリスクの比較

〇と×で悩む女性

 

先ほどお話した通り、バイナリーオプションもFXもリスクの把握をしていないと正しい投資術は身に付きません。
以下にリスクの違いをまとめました。

バイナリーオプション FX
投資金額以上の損失は発生しない 投資金額以上の損失が発生する可能性がある(借金発生のリスク)
レバレッジ無 レバレッジ有
僅かでもエントリー方向に動いて満期を迎えれば投資金額に対して1.8倍〜2倍のペイアウトを受けることが出来る スプレッド手数料が発生するため僅かな価格変化では利益を得ることは難しい
満期時間が決まっている トレーダー任意のタイミングでトレードを終了させることが出来る
ローリスクミドルリターン ハイリスクハイリターン
どんな相場でも利益獲得のチャンスがある トレンド形成時でないと利益確保は難しい

 

リスクマネージメントという点において着目して頂きたいのは「レバレッジ」の存在です。

 

レバレッジとは?

 

レバレッジというのは、取引口座に入金されている金額(自己資金)を元手に資金調達(FX業者による借金)を行い、自己資金以上の金額でトレードが行える制度です。
国内業者では法律の関係で上限25倍までと設定されています。

 

例えば、取引口座に100万円あったとして25倍のレバレッジを活用すると2500万円分の資金を使って取引が可能という事です。
取引金額が大きければ大きいほど、利益額も増えますがその反面損失を出せばその額も増えるというシステムです。

FXの場合世界情勢の動向によっては借金を背負うケースも・・・

先ほどFXは借金を背負う可能性があるとお伝えしましたが、通常であれば借金を背負う可能性は少ないと考えて良いと思います。
なぜなら、FX業者には「ロスカットシステム」「強制ロスカット」というシステムが存在します。
このシステムは自己資金以上の損失が発生しないようにするトレーダー救済システムです。

 

しかしながら、このロスカットシステムが間に合わず多額の借金が発生してしまう場合が存在します。
それが、世界情勢の変化による通貨暴落です。

 

スイスフランの暴落やトルコリラの暴落、リーマンショックなどが代表例で挙げられるように世界情勢の大きな変化に伴い投資家の売り注文が殺到し凄まじいスピードで相場暴落が発生する場合があります。

 

この時、ロスカットシステムの発動が追い付かなくなってしまい、結果口座資金以上の損失が発生し100万円単位の損失(借金)が発生するパターンがあります。

 

初期資金額にも大きな差が・・・

バイナリーオプションとFXの必要資金額を比べると大きな差があります。
バイナリーオプションの場合、一回の投資金額は1,000円〜という業者が多いですが中には数百円〜という業者も存在します。

 

代わってFXの場合、もしレバレッジ制度を活用しないとなると1万通貨で取引するのに最近の為替だと約110万の資金が必要です。
レバレッジ25倍を活用したとしても最低42000円ほど用意しないとトレードが始められません。
FX業者によっては1000通貨を取り扱っている所もあり、用意する資金は1/10に抑えられますが、バイナリーオプションと比べると一回に必要となる金額は高いです。

 

獲得利益とリスクのバランス

崩れそうなジェンガ

 

初心者がトレードを始める場合、FXよりもバイナリーオプションの方が利益を得られやすくモチベーションを保ちやすいというメリットがあります。

 

FXの場合、例えば1000通貨(約11万円分)で取引を行い利益を得たとしても一回に数十円程度です。
10000通貨(約110万円分)で取引をしても数百円〜千円ぐらいに収まってしまう場合が多いと思います。

 

バイナリーオプションの場合、1000円の取引で利益を得た場合、800円〜1000円の利益を得ることが可能です。
110万円を使って1000円の利益をえるのか、1000円を使って800円〜1000円を得るのかを比べると、利益率の良い方はどちらか言わずともご理解頂けるかと思います。

 

まとめ

今回のテーマ「バイナリーオプションとFXの違いは?どっちがいいの?」についてご紹介致しました。
当サイトはバイナリーオプション専門サイトですので、バイナリーオプションのメリットに重きを置きご紹介しました。

 

もしかしたら、FXが危ない投資に感じる表現があったかもしれませんが、FXにはFXの大きなメリットとバイナリーオプションにはない大きな利益を得るチャンスもあります。

 

もし今後投資で成功をしたいと思うのであればFXは外せない投資ですし避けては通れない道だと思います。
投資成功の基礎固めの為にはまずバイナリーオプションで相場というものに多く触れあって経験を積み、専門用語などを覚えて次のステップに向かうのが良いのではないかと管理人は思います。

 

バイナリーオプションで皆様も投資の世界にお越しになられてはいかがでしょうか?

 


【スポンサーリンク】


【オススメ!BO業者】

【ハイローオーストラリア】
Japanese all-rounder

【theoption】