【当サイトよりお知らせ】

重要なお知らせ

2019年6月16日、ハイローオーストラリアの運営会社が変更になる旨が記載されたメールが届きました。

元運営会社「HighLow Markets Pty. Ltd.」

新運営会社「HLMI Ltd」

現在当サイトでは運営会社変更に伴う変更点を確認し随時更新中です。

なお、HighLowの各顧客様に関しては口座移行のメールが届いているかと思います。

手順に従い口座移行を完了すれば今まで通り取引は可能となっております。

全ての情報更新まで今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

詳細は超重要!ハイローオーストラリア口座移行の真相!運営会社変更が関係をご参照下さい。

Twitter開設のご案内

2019年8月、バイナリーオプション専用Twitterアカウントを開設致しました。

バイナリーオプションに関するお役立ち情報を随時更新中!

ツイート内容はサイドバーにて掲載しております。

皆様の閲覧・フォローお待ちしております!

General ? Popup: JPY

オシレーター系のダマシ回避率アップの秘策

裏切られた人形と裏切った人形

 

 

ストキャスティクスやRSIなどのオシレーター系インディケーターを利用してエントリーポイントを選定しているトレーダーさんは多くいらっしゃるかと思います。
オシレーター系のツールは買われ過ぎ・売られ過ぎのサインを出しそのサインに沿ってトレードするやり方が一般的です。
しかしながら、一つ大きな悩みを抱えていると思います。

 

ダマシが多くて勝率が中々安定しない

 

管理人も幾度となくこのダマシに引っかかり何とか回避する方法はないものかと考えて色々調べた経験があります。
そこで結論として出した管理人のダマシ回避率アップ対策をご紹介したいと思います。
なお、今回は利用度の高いストキャスティクスとRSIをメインに話を進めていきます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

売られ過ぎと買われ過ぎサインはそのまま信用してはいけない

オシレーター系ツールの代表格であるストキャスティクス、RSIは多くのトレーダーに愛用されているツールだと思います。
基本的なエントリーサインは2つです。

 

ツールの示す値が70%or80%以上なら買われ過ぎ(LOWエントリーサイン)
ツールの示す値が30%or20%以下なら売られ過ぎ(HIGHエントリーサイン)

 

このエントリーサインを頼りに逆張り手法でトレードを行います。
ただし、基本的なエントリーサインのみで取引を行うと今回のメインテーマでもある「ダマシ」に遭遇する確率が高くなってしまい大切な資金を失うリスクが上がってしまいます。

 

それではどうしたら良いのでしょうか?

 

売られ過ぎ・買われ過ぎはあくまで目安でしかない

70%(80%)以上なら売り、30%(20%)以下なら買いというのはエントリーサインというよりもエントリー出来るかも?という前兆の意味だと捉えて下さい。

 

強いトレンドが発生している
ボラティリティが狭い推移をしている(レンジ相場)
大きな経済指標の発表直後

 

上記3点の状況の場合、オシレーター系ツールのメリットは激減してしまいます。
特に強いトレンドが発生している場合、100%を超えたり0%を下回ったりすることもしばしばあります。

 

上昇トレンド形成中の一時的な下落もしくは下降トレンド形成中の一時的な上昇を狙った逆張りエントリーをするのに威力を発揮するストキャスとRSIですが、流れに逆らったエントリーをする以上それ相応のリスクは常に付きまといます。

 

それを理解せず「使えないツール」「ダマシが多すぎ」などネガティブな感情を持ってしまうと非常に勿体ないです。
有能なツールの本質を理解せず、うまみを味わうことなく自らの選択肢から外してしまうのですから。

 

あるツールと組み合わせることによってダマシ回避率がアップする

リスクヘッジを推奨する画像タイトルにある「あるツール」とは一体何なのでしょうか?
皆さんが良く知っているメジャーなテクニカル指標です。
あるツールの正体・・・それはボリンジャーバンドです。

 

RSI+ボリンジャーバンド
ストキャスティクス+ボリンジャーバンド

 

この組み合わせを行うことによって100%のダマシ回避には至りませんが、損失トレードを防ぐ可能性がグッと高まります。

 

勘の良い方はもしかしたら疑問を持たれたかもしれません。

 

オシレーター系のツールにボリンジャーバンドって表示できるの?
MT4のサブウインドウ画面に表示させる事って可能なの?

答えは「YES」です。

 

それでは順を追ってご説明致します。

 

オシレーター系ツールにボリンジャーバンドを表示させる方法

それでは実際に組み合わせて表示させてみたいと思います。
なお、今回はRSIを例にしてご紹介致します。
ストキャスティクスも同じやり方ですので試してみて下さい。

 

MT4チャートシンプル画面

 

ローソク足のみのチャートです。
このチャートにRSIとボリンジャーバンドを組み合わせたものをサブウインドウに表示させます。

 

ステップ@ RSIレベル表示の追加

RSI設定画面1

 

これからご説明する操作は任意です。
より分かりやすくするように追加表示させるだけですので必要のない方は飛ばして頂いて構いません。

 

RSIの設定画面を開いたら「レベル表示」画面を開きます。
レベル設定が30と70になっていますが、これに50,20,80の3つの数字を追加します。

 

RSI設定画面2

 

レベル表示を追加することによって、より勝率の高いエントリーポイントを選定するのに役立ちます。
レベルの追加を行ったらOKをクリックしてRSIを表示させます。

 

ローソク足とRSIチャート画面

 

見慣れた画面だと思います。
RSIのラインの色は任意ですのでお好きな色をお選びください。
ちなみに管理人は黄色で表示させています。

 

ステップA:サブウインドウにボリンジャーバンドを表示させる

インディケーターナビゲーター画面

 

MT4上段にある「表示」をクリックし、表示内にある「ナビゲーター」をクリックします。

 

選択したインディケータを表示させる

 

画面左側にインディケーターの一覧が表示されます。
その中にある「Bollinger Bands」を選択しRSIが表示されているサブウインドウにドラッグ&ドロップします。

 

パラメータの設定画面1

 

するとボリンジャーバンドのパラメーター設定画面が表示されます。
期間、偏差、表示移動はご自分が使用されている数値を利用して頂いて構いません。
変更しなければならない項目は「適用価格」です。
Closeの状態だとサブウインドウにボリンジャーバンドが表示されません。
メインウインドウに表示されてしまいます。

 

パラメータの設定画面2

 

適用価格の「Close」をプルダウンメニューの中にある「First Indicators Data」に変更しOKボタンをクリックします。

 

CloseとFirst Indicators Dataの違い

期間:20
偏差:2
適用価格:Close
これが意味するのは「終値で計算したボリンジャーバンド偏差2」という意味です。

 

First Indicators Data:最初(一番上)のインディケーター
補足として、チャート上に一番初めに表示させたのがRSIであれば適用価格は「First Indicators Data」を選択すればRSI上に表示されます。

 

似たような適用価格で「Previous Indicators Data」という項目があります。
この意味は前(一つ上)のインディケーターという意味です。

 

どちらの項目を選んでも同じように表示されるMT4もありますし、正確な設定をしないと表示されないMT4もありますので、皆さんが利用されているMT4で試してみて下さい。

 

ステップB:完成版を見てみよう

RSIにボリンジャーバンドを表示させたチャート

 

今までの設定を行うと、RSI上にボリンジャーバンドが表示されます。
初期のRSI画面と見比べると何だかトレードがうまくいきそうな気がしてきませんか?

 

RSIとボリンジャーバンドの組み合わせで把握できるポイント

RSIとボリンジャーバンドの組み合わせ拡大図

 

先ほどの画面のRSIを拡大してみてみましょう。
皆さんはどのような感想を持たれましたか?

 

RSIにボリンジャーバンドを組み合わせることによって相場の方向性やどのラインで反発が多く見受けられるのか、ボラティリティは広いのか狭いのかなどを読み取れ分析出来る情報がかなり多く集まります。

 

特に直近はボラティリティが狭くレンジ相場気味ですので現段階でのエントリーは見送った方が良いという分析も出来ます。
RSIだけでは読み取れない情報がボリンジャーバンドを追加することによって劇的に増えます。

 

この情報がダマシのエントリーサインを回避するのに大いに役立ちます。

 

まとめ

途中からRSIをメインとした話になってしまいましたが、ストキャスティクスでも同じことが言えます。
ローソク足や平均足だけでは読み取れない情報もありますし、RSI単独で読み取れる情報も限られてきます。

 

しかしボリンジャーバンドを追加するだけで得られる情報は劇的に増えその結果、ダマシのエントリーサインも回避でき必要以上に損失を出すトレードを防ぐことか可能です。

 

試したことのない方がいらっしゃれば一度試してみてその力を実感してみて下さいね。


【最後までお読み頂き有難う御座います】
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
【スポンサーリンク】

本サイトはバイナリーオプションに取り組むトレーダー様へ管理人のトレード手法や経験を参考にしてもらうべく公開しており利益の保証をするものではありません。
またバイナリーオプション等の金融商品には一定のリスクがあり、元本保証をするものではございません。
本サイトの情報に基づいて投資を行った結果、ユーザー様に何らかの損失・損害が発生した場合でも当サイトでは一切の責任を負いません。
投資対象及び銘柄の選択、投資金額、エントリー方向(HIGH/LOW)などの最終決定はユーザー様ご自身の判断でなさるようにお願いします。